サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


管理人にメールを送る

お名前:
メールアドレス(任意):
件名:
本文:

過去記事検索フォーム

戯言

清々しいまでの、しゃくれ

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

清麺屋 @その37 (ラーメン:恵美須町) 鯛の塩そば

ip1-IMG_8060.jpg 
清麺屋へ。
移転後の店舗は、客のスペースも厨房も随分広くなった。

厨房見る限り使いやすくなったなあと思う反面、
1人オペレーションは難しく、ホール担当の人手確保とか、
大変だろうなあとも思う。

ip1-IMG_8061.jpg 
鯛の塩そば。

旧店舗でも限定メニューとして供されていたが、鶏魚らーめんが定番から外れ、
このメニューがレギュラーに昇格した。

鯛の清湯スープと、白湯スープを合わせたWスープ。

ip1-IMG_8064.jpg 
ラヲタが求めそうなインパクトに走らないところが、私にとっては本当に嬉しい。

昨今、煮干系を中心に生臭いとしか感じられない代物でも、
「魚介のインパクト」と堂々と自己紹介してくることもあるが、
そういうのとは方向性が違う。

鯛の出汁、として感じられる範囲内でラーメンへ転化させ、
油も、塩もきつくなく、スッキリと楽しめる。

メンマの甘さも効いて、全体的に丸くまとめ上げている。

ip1-IMG_8065.jpg 
麺は、全粒粉入りのモチモチとした麺。

ラーメンがどんどん味濃く、しつこくなってきている中で、
こういう方向性は大歓迎である。

【訪問時期:2017年3月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 

【過去記事】
その30 ・・・ 原点
その31 ・
その32 ・・・ URA路地ブラック
その33 ・・・ ・
その34 ・・・ 路地URA
その35 ・・・ 路地URAのキレ
その36 ・・・ 第二章




関連ランキング:ラーメン | 恵美須町駅難波駅(南海)今宮戎駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す