サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

松寿司 @その12 (寿司:阿倍野) ディスカバー・ジャパン

どうも、新幹線の父こと日本国有鉄道総裁の十河信二です。

いつもの松寿司、長月の終わりの訪問記。

付き出し 
付き出しは、メカブの梅酢和え。
マグロとイカも入っていまして、さっぱり、ネットリでいいツマミです。

白魚 
白魚を少しいただきます。
ほんのりした苦味、くっきりした歯ごたえ、たまりません。

刺身 
刺身は左からつぶ貝、秋刀魚、剣先イカ耳。
今年は不漁のうえ質も今一つの秋刀魚ですが、結構な脂の乗りで旨しです。

生ゲソ 
剣先イカ生ゲソ。
親方が言うように、この時期に入って味濃くなってきています。

シマアジ 
シマアジ。これは旨い。

蒸し鮑 
蒸し鮑。かなり小さめで、味、香りともちと弱い・・・。

太刀魚 
太刀魚の炙り。
塩を効かせ、しっかり炙る。松寿司の太刀魚炙りは本当に絶品。

秋刀魚 
秋刀魚。ビジュアル美しい身で、甘く旨い脂をしっかり持っております。才色兼備。

中トロヅケ 
中トロのヅケ。
ここのヅケ地の味がツボで、本当にハマっています。江戸前本流に拘れば、出汁の味が強いヅケ地は「違う」って話になるかもしれませんが、江戸前本流かどうかは大阪で食べるうえで正直どうでも良く、十河としてはとにかくこの味が好き。

コハダ 
コハダ。
身が大きく、厚く、しっかりした旨さがあります。

海胆 
いよいよ最後か、という淡路由良産の赤海胆。

貝柱 
貝柱の炙り。スルーしたけどタイラギかな。

煮ヒイカ 
煮ヒイカ(ヒイカはヤリイカの仲間)。
変化球を投げてきたなあ・・・。甘辛さが強い煮イカは嫌いなんですけど、あっさりした味付けで、サクッとした歯ごたえが面白いです。

生鳥貝 
生鳥貝。
鳥貝の旬は春ですが、泉州ではこの時期もたまに揚がるそうです。秋にこの甘さと香りに出会えるとは・・・幸せです。

生鳥貝は十河の大好物ですから、何でしょう、ブックオフで立ち読みしていたら「タレ目がチャームポイントのとも~みちゃんこと河西智美です」が目の前に立っていた、というぐらいの嬉しさです。

煮穴子 
煮穴子。サイズが凄いな・・・。
穴子の好みも色々あるでしょうが、十河は泉州産の、このトロトロの穴子が一番好きでございます。

カワハギ 
忘れれはいけないカワハギ。

天ぷら 
天ぷら。
四方(?)豆、花オクラ、そして松茸。分不相応もいいとこですな。

花オクラのネバネバを天ぷらのサクサク感と融合させるのはいいですね、本当に旨い天ぷらになっています。普通のオクラは花を捨て身を食べますが、花オクラは身が不味く、大きな花を食べるそうです。奥深いですねえ・・・。

平目エンガワ 
平目のエンガワ。
レイザーラモンRGではありませんが「この瞬間、この食感!」と叫びたいところです。

太刀魚(リピート) 
太刀魚をリピートしてしまいました。

つぶ貝 
刺身で旨かったのでつぶ貝を頼んでしまいました。

べったら 
さすがに締めかということで親方はべったら漬を出してくれます。

生鳥貝(リピート) 
が、とも~みちゃん、違った、生鳥貝をもう1貫。

赤貝 
貝つながりで、赤貝を。

どんだけ食うねん・・・。

国鉄は1970年に個人旅行需要拡大キャンペーン「ディスカバー・ジャパン」を打ち出し、「日本を発見、自分を再発見」のキャンペーンコンセプトで見事にヒットさせました。強引なつなげ方ですが、十河は寿司屋で旬の魚介を味わうことも「日本を発見、自分を再発見」できる素晴らしい道楽ではないか、と思います。

さて、これに生ビール1、冷酒1、焼酎ロック3で、締めて10,300円。相変わらずのお値打ち!
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】10,300円
■総合    ☆☆☆☆☆
■料理    ☆☆☆☆☆
■接客    ☆☆☆☆☆
■価格    ☆☆☆☆☆
(☆5つが最高、★5つが最低)

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ  

【過去の松寿司】
松寿司・前編
松寿司・後編
松寿司@その2 前編
松寿司@その2 後編
松寿司@その3 前編
松寿司@その3 後編
松寿司@その4 前編
松寿司@その4 後編
松寿司というホームグラウンド
松寿司@その6 前編
松寿司@その6 後編
松寿司@その7 路地裏で極上の寿司道楽
松寿司@その8 自分も楽しむ親孝行
松寿司@その9 帰巣本能
松寿司@その10 ヘビーローテーション
松寿司@その11 ダブルタイフーン

【松寿司】
大阪市阿倍野区王子町3-13-7 (地図)
06-6622-5723

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
500: by すくわか on 2010/10/26 at 09:29:52

あぁ、そうだ。天ぷらを出すんでしたね。忘れてました。
満点評価。いいと思います。

501:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/10/26 at 14:28:03

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

味や雰囲気の評価(意味の有無は別にして)の指標など主観でしかありませんから、「好き」の要素がとても大きい松寿司さんはいつも満点になります。

それでも、別に特別待遇を受けているわけでも、レセプションに招かれるわけでもないので「不公平」ではないと自分では思っています。

きずな、そういち、松寿司の3軒のうち、きずなはツマミをあまり出さない、そういつは焼き物は出すが揚げ物なし、割烹経験のある松は揚げ物も有り。とこれまた三者三様で楽しめます。

502: by カクさんとアヒル on 2010/10/26 at 14:42:24

鳥貝旨そうです。この時期にいいですねえ。クニュっとチュルッと・・・あ~食べたいなあ。

503:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/10/26 at 14:45:24

>カクさんとアヒルさん

コメントありがとうございます。

そうなんですよ、秋に食べる鳥貝の生っちゅうのが、何とも贅沢で、旨くて、分不相応で、罪深くて・・・。

▼このエントリーにコメントを残す