サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

冷麺館 松屋町店 (韓国料理:松屋町) 期待以上と期待以下の狭間で

どうも、水戸黄門こと徳川”義公・水戸中納言”光圀です。

篠山藩城下町漫遊
が予想以上に楽しくてウキウキ気分でしたが、この店では楽しく酔えずに中途半端な腹具合で退店しましたので、もう1軒行こうという話しに・・・。

すると、助さんが「歩けるぐらいの距離で白庵あるで~」と進言するものですから従いましたが、讃岐うどんの有名店・白庵がある場所には暗くシャッターが閉まっている建物が・・・。定休日でもなく、営業時間内のはずやけど、麺切れなんかなあと思いつつ、途中で看板を見かけた「冷麺館」へと転進します。

冷酒 
とりあえず、飲み直しということで。
なぜか、韓国料理店(てっちゃん鍋&冷麺屋?)で白鶴の冷酒を注文してしまう水戸藩御一行。

運んできたオネーチャンは「少女時代」に紛れていてもおかしくない(美脚かどうかはスカートをめくってないので分かりませんが)感じで愛想も良かった。これだけで、歩いてきた価値があるというものです。

蒸し豚 
目的の冷麺の前に蒸し豚(小キムチ付。500円)を軽く。

これは旨い!
冷静な状態でもう1度食べてみたいとも思いますが、臭みなく、脂の甘みがたっぷりの蒸し豚。そして、様々な素材の旨味が複雑に絡み合った感じのある白菜キムチ。キムチを巻いて蒸し豚を頬張るとこれはたまりません。ただ、冷酒とはまったく合わず、なぜマッコリか何か頼まなかったのかとちょっと後悔しました。予想外に旨かったため、感動してもう1皿ただちに注文してしまいました。

期待していなかったなかでの予想以上の美味、分かりやすく例えようとしても難しいですね・・・。

肥後国熊本藩6代藩主の細川宗孝が、江戸城本丸大広間において気が触れた旗本・板倉勝該に「人違い」で刺殺されたため、急遽藩主の座を得た弟・細川重賢がとてつもない名君だった、みたいなものでしょうか。名君といえば、上杉治憲(鷹山)がよく挙げられますが、彼の治績はかなり実態以上に美化され、経済政策は「後世に押し付け」て逃げた部分が少なくないのに比べて、重賢は本当の名君だと思いますね。

どうでもいいですね、肝心の冷麺(たしか850円ぐらいかな)をようやく食べましょう。

冷麺 
今度は蒸し豚でえらく期待しただけに、かなりガッカリな印象で・・・。
細川重賢の次代が細川護煕(第79代内閣総理大臣)になってしまったみたいな・・・。

スープの酸味はきつくないですが、何かスッキリしないというか、好きではない濃さとクセがあります。かといって、満足感のあるパンチ力があるというのでもなく、う~ん微妙。

麺 
光圀は韓国冷麺というと、歯を押し返すような弾力の麺が好きなのですが、こちらはそうではありません。そして、表面のボソボソした感じもあまり好きではありません。

何とも微妙な気分になりましたが、蒸し豚とキムチには満足しました。
---------------------------------------------------
【拙者の支払い】1,850円(ここに忘れた酒の値段を加算)
■総合    ☆
■料理    ☆(蒸し豚キムチ☆☆)
■接客    ☆☆
■価格    無星
(☆5つが最高、★5つが最低)
※食べログと星数が違うのは、あちらにはマイナス評価がないからです。

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【冷麺館 松屋町店】
大阪市中央区高津2-1-1 (地図
06-6211-2003

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
492: by 帝王 on 2010/10/24 at 08:03:28

ども、レスリングの先生です。フィル・コリンズではありません。スリーパー・ホールドの名手な私は誰でしょう。

私は冷麺を好みません。あのゴム食感、旨味なきスープ、麺に強い弾力を求めません。冷たい汁を嫌います。
つけ麺まぜ麺を喰いません。ましてや、やば麺など殺意すらかんじます。

その上で…。
冷麺の魅力を教えてもらえませんか。
新しいworldが拡がるかもしれないんです。

493:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/10/24 at 09:31:31

>AWAの帝王さん

コメントありがとうございます。

余の中では「肉料理を食べた後のさっぱり感」を求めるのが第一動機です。

麺はまさにゴムもあれば、押し返す弾力がありつつ歯切れも良いものがあり、麺自体の旨さというより、弾力&歯切れ感とさっぱり感を楽しんで(?)います。

で、スープもまずは清涼感なんです。
冷たいから当たり前ではなく、酸味が強すぎるのは論外として、好きだった店のは非常にあっさりしたテールスープでした。テールを丁寧に煮込む、味付けは塩だけ。これに弾力&歯切れ麺を放り込んで一気に食う。焼肉をたらふく食べた後、一瞬で口がさっぱりして気持ちよく帰ることができました(そのベストの焼肉屋は諸事情で閉店しましたが)。

正直、具はどうでもいいです。
リンゴじゃなくて梨やないとアカンとか、どっちゃでも。むしろ具が無くても我慢できます。

ところで、やば麺って何ですか?

494: by キラーカールコップス on 2010/10/24 at 10:08:29

あ、そうか!
私、焼き肉を滅多に食べないんでしたw。基本的なとこでした。
やば麺は、ある超有名ブロガーが「麺屋わっしょい」のまぜ麺を店のプレOPENの際に、「やばい、ヤバすぎるほどうまいヤバ麺です。」と宣伝したものです。
このブロガーと武士道系の癒着ぶりには○ドが出ます。

495:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/10/24 at 11:58:04

>ブレーンバスターの生みの親さん

最近は私も焼肉を食べる機会が激減しているので、冷麺も減りました。

なるほど「麺屋わっしょい」ですか、そういや見たことがあるような気がします。

ブロガー招いたレセプション・・・。いっぱい存在しますが、香ばしいお店です。

▼このエントリーにコメントを残す