サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

漁師直送居酒屋 うろこ屋 @その9 (居酒屋:心斎橋) 鮭ハツ・うぐい熟れ鮓

ip-IMG_4487.jpg 
この日、酒と魚の変態(本人了承)は、名を隠して、
この魚を出してきた。

ip-IMG_4488.jpg 
少し脂を蓄え、軽いクセがあり、干したことによる凝縮もあるだろうが、
なかなか持ち味が濃い。

北海道のオオナゴだという。
イカナゴが成長してカマスゴ、それが大人になってオオナゴ。

ip-IMG_4490.jpg 
刺身は、尾鷲のメカジキ、徳島のひらすずき。

ip-IMG_4491.jpg 
メカジキはもっちりした身に、軽く脂の乗る。

サラリとした口解けで、クセもなく美味い。

ip-IMG_4492.jpg 
一方、泳ぎのひらすずきは、グリグリの歯応え。

軽い甘みが乗った身は、とても爽やかな美味さ。

ip-IMG_4493.jpg 
ホッキ貝の辛味噌和え。

甘みの強いホッキ貝に、ピリ辛味噌がまたよく合う。

ip-IMG_4494.jpg 
ごろいか。

ip-IMG_4495.jpg 
マンボウの串焼き。

尾鷲から届く、うろこ屋名物。
決してゲテモノ喰いではなく、美味いのだ。

ip-IMG_4496.jpg 
牛ミノを思わせるというより、そのものの食感。

少し魚の香りがするものの、本当に牛ミノと思う味わい。
フグ目の完全な海水魚ながら、哺乳類に思えるのだ。

ip-IMG_4497.jpg 
続いては、サメタレ。
見栄の郷土料理で、鮫を味醂干しにしたもの。

固いかと思いきや、意外に柔らかく、クセ無く、
実に上品な甘みと、サラッとした旨味があって美味い。

ip-IMG_4498.jpg 
鮭のハツ。
いかにも珍味らしいルックス。

サクサクとした食感と甘みをまず楽しむが、
その後で鮭の風味がブワッと来る。

鮭は捨てるところだない、とよく言われるが、
北海道人はさすがで、素晴らしい酒肴。

ip-IMG_4499.jpg 
うぐいの熟れ鮓。

鮒鮓とはまた違うアプローチ。
キューッとした酸味に甘みが加わり、酸がまろやか。

いやあ、渋い美味さ。

【訪問時期:2015年11月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 

【過去記事】
その1 ・・・ 店主は魚の変態なのだw
その2 ・・・ 鮭ホホ肉・マンボウ
その3 ・・・ 本もろこ
その4 ・・・ ワラスボ
その5 ・・・ うろこ屋第二章
その6 ・・・ タニシ
その7 ・・・ 筋子粕漬け
その8 ・・・ マンボウ肝

うろこ屋



関連ランキング:居酒屋 | 心斎橋駅長堀橋駅四ツ橋駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す