サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

鮓 きずな @その4 光り物の輝きに魅了される

どうも、 ウルトラマンタロウこと東光太郎です。

京橋の人気寿司店「鮓 きずな」に潜入です。
9月上旬の訪問時の記事ですので、「きずなの秋口はこういうものか」という参考としてお読みください。10月ではすでに旬外れで置いていないタネもあるでしょうが、代わりのタネがきっと用意されているかと思います。

明石鯛とアマテガレイ 
刺身は明石鯛とアマテガレイから。
きずなの看板といえる瀬戸内海産の白身魚の旨さについてグダグダ説明するまでもなく旨いのですが、今回の1キロオーバーのアマテガレイは特筆すべき旨さでした。

マグロ 
上が青森大間産の本マグロ背身中トロ、下が北海道松前産の腹身のトロです。まだまだ近海本マグロは脂と味が乗らない時期ですが、7日間寝かせている松前産は味深く旨かったですね。

明石蛸 
思いっきりピンボケしていますが、定番の明石蛸です。
塩を効かせ、ストレートに蛸の旨味を楽しむ茹蛸で酒が進む進む。頭の部分がたまりません。

煮蛸 
そして、これまた定番の煮蛸。
ほんのり甘く、柔らかく煮ていますが、歯ごたえと磯の香りも適度に残っている。う~ん、旨いですね。

河津海老 
河津海老の塩焼き。今シーズン最後だそうです。

さあ、握ってもらいましょう。

アマテガレイ 
1日寝かせたアマテガレイ。
奇妙な表現ですが、活きのいいグリッとした歯ごたえと寝かせてモッチリ感が共存しているというか、身が素晴らしく旨いんですよ。それに肝のコクと合わさって、たまりませんね。

コハダ 
天草産のコハダ。旨い、美味い。

鯖 
ボケていますが、明石産の活鯖。
トローッとした脂をたっぷり感じる活鯖を頬張り、酒を飲むのは何とも贅沢な時間ですね。ああ、たまらん・・・。

マグロヅケ 
先ほどの大間産マグロのヅケ。ええ色合いです。

締め鯖 
八戸産の締め鯖。
これはストリウム光線、いやウルトラダイナマイトばりのインパクトでした。「脂至上主義」というわけではないのですが、びっくりするぐらい脂が乗っていて、それをタロウ好みの塩加減で程よく締められていて、ここに昆布の風味が加わって、で極上の1貫に仕上がっていました。こりゃ参った。

アコウ 
ボケまくっていますが、アコウ。グリグリとすごい歯ごたえです。

シラサ海老湯通し 
シラサ海老の湯通し。
シラサ海老の火の通し加減は、きずなが最高ですね。この海老の魅力を限界まで引き出していると思います。

蒸し鮑 
鳴門産の蒸し鮑。
ムッチリした食感もいいのですが、きずなの蒸し鮑。何と表現すべきか、この香りがたまりません。燻製香のような何というか、何か心地よく酔ってしまいそうな香り・・・。

穴子箱寿司 
明石産焼き穴子の箱寿司。
「直球勝負の店」というイメージが強かっただけに、ちょっと変化球を投げてこられた感じがしてびっくり。個人的には焼き穴子はこうしてちょっと固めて食べるほうが寿司としては好きかなあ。

鱧 
鱧。皮を軽く炙ってあるので香ばしさも楽しめます。

平鯵 
平鯵。これまたとろける脂の乗りで、洒落ではないですが、鯵の味も濃く、素晴らしい1貫ですね。

牡蠣軍艦 
北海道厚岸産牡蠣の軍艦巻。軽く炙ってあります。
親方は仙鳳跡産牡蠣の入荷がなかったことを悔しがっていましたが、この厚岸牡蠣もかなり旨いです。半生牡蠣はシャリとも不思議と合うんですね。仙鳳跡ならさらに香りが良くなるのかな。

海胆 
淡路由良の海胆。いよいよラストでしょうが、やっぱりこの甘みや香りはたまらんものがありますなあ。

イワシ 
銚子産のイワシ。
白板昆布に見事に隠れちゃっていますが、今まで食べた中で最高といっていいイワシでした。とにかく、極上です。

ネギトロ 
ネギトロ2 
外せないネギトロも食べておきます。

玉子焼 
そして、絶対に外せない玉子焼。
きずなの玉子は真鯛と車海老のすり身を合わせる極上のカステラ(?)なのですが、今日のはほんのわずか焼き過ぎの感じがしますね。不味いとかそういうことではないのですが、ほんの少し火が入りすぎてごくわずかにパサついています。

べったら 
最後はお茶を飲みながらベッタラをかじります。

これまで白身魚について絶賛することが多かったきずなですが、今回は締め鯖、平鯵、イワシと、とにかく光り物の旨さが印象的でした。

独特のリズムで握り、気持ちの良い接客の若き親方も、この店の魅力の一つです。

店には何の不満もないのですが、今回は左右とも隣席が辛かったなあ・・・。
右側は同伴者に学歴自慢を機関銃のようにまくし立てる男。ええ歳こいて学歴自慢するってのは、「今が大したことない」と相場が決まっているけどなあ、とにかくやかましいことこの上なし。

左側はこの店の魅力が引き寄せてしまうのか、例によって某外資系製薬会社による某大学病院医師団の接待。寿司屋のカウンターで接待は止めましょう。横並びで会話は間延びするし、とにかく無粋だわ。

それはともかく、このツマミ、握りと瓶ビール1、芋焼酎ロック1、日本酒2で、11,500円は満足度が高いです。
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】11,500円
■総合    ☆☆☆☆☆
■料理    ☆☆☆☆☆
■接客    ☆☆☆☆☆
■価格    ☆☆☆☆(4.5)
(☆5つが最高、★5つが最低)

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル



【過去記事】
鮓 きずな@前編(寿司:京橋)
鮓 きずな@後編(寿司:京橋)
鮓 きずな@その2 白身の旨さはどこまでも深い
鮓 きずな@その3 純情生一本の満足感

【鮓 きずな】
大阪府大阪市都島区都島南通2-4-9 藤美ハイツ1F (地図)
06-6922-5533

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
387: by カクさんとアヒル on 2010/10/05 at 11:52:25

おっ、コメント一番乗り。極上花嫁のようなイワシちゃん。お顔が見たかった・・ここまだ行ってないんですよ。箱ずしは前のお店だった「いなせ」も美味しかったですね。お客様が少ない時(めったにないでしょうが)ちらしを頼まれてはいかがでしょうか。流れが同じなら相当旨いはずです。

388:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/10/05 at 12:57:40

>カクさんとアヒルさん

コメントありがとうございます。

そういえば、きずな、松寿司、そういちの3軒。イワシがそれぞれ特徴あって旨いのが共通点で・・・。

ちらし。
旨いんだろうなと思うのですが、何しろいつも満席状態なので・・・。

389: by すくわか on 2010/10/05 at 14:28:24

しらさ 最高です。あの温度の加減で一発でヤラレますね。
穴子の押し寿司??
すごい変化球ですなぁ。 見事に三振です。

期待を裏切りませんね。

390:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/10/05 at 16:02:15

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

シラサ海老は単純に「半生」と言っちゃあいけない加減ですよねえ。

やっぱり、ここも素晴らしいお店です。
露出も激しくなってきたので混雑具合がさらに心配になりますが、
定期的に訪問したいとは思っています。

391: by 寺田 on 2010/10/06 at 21:57:18

おもいっきりピンボケしてる写真を載せる意味が分からないです
失敗気味の自慰を何故ひけらかすのか理解しがたい

395:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/10/07 at 00:22:47

>寺田さん

コメントありがとうございます。

食べた物、行った店の備忘録として始めたブログですので、ボケていますが、
とくにこれまでご批判もいただいていませんし、自己満足として載せています。

「失敗気味の自慰」という言葉が難解でよく分かりませんが、別にひけらかすつもりではありませんので。
また、挨拶書きの部分で「上から目線」との複数書き込みをいただいていますが、
ここに頂きましたコメントも「存分に上から目線」との感想を述べさせていただきます。

▼このエントリーにコメントを残す