サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

鮨 一二郎 @その3 (鮨:泉大津) 居心地

fp-IMG_0812.jpg 
鮨 一二郎。

最寄り駅は南海本線・泉大津駅、駅からも決して近くない。
この立地で、いつも満員。

fp-IMG_0814.jpg 
突き出しは、昆布と梅肉をまとった蛸。

fp-IMG_0816.jpg 
鰹には、玉ねぎのみじん切りを乗せ、高知の醤油を垂らす。

脂がまだ大人しく、赤身のキレイな味が立つ鰹に、玉ねぎ、そして甘味ある醤油が合う。

fp-IMG_0818.jpg 
真鯛とホッキ貝。

貝が好きだと話していると、親方がサッとホッキ貝を出してくれた。

fp-IMG_0819.jpg 
白ばい貝。
北陸金沢で好まれる貝だが、これは珍しい山口産。

つぶ貝のような歯触りであるが、立ち上がる香りは品があり、甘味も爽やか。

fp-IMG_0821.jpg 
柿と椎茸の白和え。
胡桃のコク味がいい。

fp-IMG_0825.jpg 
アカイカ塩焼き。

泉州岡田浦に揚がったもので、剣先イカの子供かな?
焼いても固くならず、サッパリとした甘さが美味い。

fp-IMG_0829.jpg 
椀の実は、穴子の真薯だ。

海老真薯よりも野趣溢れ、力強い味わい。
でも、山芋や卵白の優しさに包まれ、決してクセを感じることはない。

面白く、美味い。

fp-IMG_0832.jpg 
クエの焼き物。

fp-IMG_0834.jpg 
生の落花生を軽く塩茹で。

fp-IMG_0835.jpg 
茶碗蒸し。

具は、上に乗っている鱧の子の塩辛のみ。
このコク味と塩気が実に茶碗蒸しに合う、美味い。

fp-IMG_0839.jpg 
握ってもらいましょう。

fp-IMG_0837.jpg 
丸はげ。

fp-IMG_0840.jpg 
鱧と海胆のかき揚げ。

握る親方の兄、料理を仕切る弟。
相変わらず息のぴったり合った兄弟船。

fp-IMG_0841.jpg 
ヅケ。

fp-IMG_0843.jpg 
コハダ。

fp-IMG_0844.jpg 
甘鯛。
出汁が美味い。

fp-IMG_0846.jpg 
鰺。

fp-IMG_0847.jpg 
鮑。
冬瓜の出汁餡が美味い。

fp-IMG_0848.jpg 
シマアジだったか。

fp-IMG_0849.jpg 
シラサ海老。
車海老とは違う旨味の方向性、こちらも美味い。

味噌は鮮度の証。

fp-IMG_0851.jpg 
塩水海胆。
お猪口での一口丼。

fp-IMG_0854.jpg 
蝦蛄。
漬け込み具合が素晴らしく、しっとりとした身が美味い。

fp-IMG_0855.jpg 
ホッキ貝。

fp-IMG_0856.jpg 
穴子。

fp-IMG_0857.jpg 
つぶ貝。

fp-IMG_0858.jpg 
玉子。

fp-IMG_0859.jpg 
すり身入りのカステラ玉子。

fp-IMG_0860.jpg 
干瓢巻。

fp-IMG_0861.jpg 
デザートはほうじ茶アイスと、若い衆手作りの求肥。

料理と酒をたっぷり楽しみ、鮨をつまんで帰る。
関西らしさを満喫できる名店。

【訪問時期:2015年9月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 夢の揺り篭
その2 ・・・ 送別の宴





関連ランキング:寿司 | 泉大津駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9981: by 明るい農村 on 2016/02/25 at 21:15:06

やはりぶれていませんね。さすがの仕事です。

9983:Re: タイトルなし by ま~くん on 2016/02/27 at 12:25:13

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

ブレないですね~。

▼このエントリーにコメントを残す