サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

まるき @その46 (居酒屋:恵美須町) コハダ押し寿司

どうも、関節技の鬼こと藤原喜明です。
日本人ってのは、七五調が好きなんだよ。

fp-IMG_0324.jpg 
蛸の胡麻油がけ。

蛸に青ネギと胡麻油、塩。
水蛸との相性が最高と思っていたが、小ぶりの真蛸でも神レベル。

fp-IMG_0326.jpg 
前回に感動した鱧のすり身カツ。

fp-IMG_0328.jpg 
プリプリのすり身を梅肉塗った大葉に乗せ、サクッと揚げる。

fp-IMG_0327.jpg 
パプリカの甘味が効いた玉子を使わないタルタルソースで食べる。

どこか清涼感ある鱧カツがとても美味い。

fp-IMG_0329.jpg 
本シシャモ塩焼き。

fp-IMG_0330.jpg 
枝豆は注文してから茹でる。

fp-IMG_0331.jpg 
コハダの押し寿司。

店の構えは、ま~ったくなんちゃない、どこの街にでもありそうな居酒屋だが、
創意工夫、試行錯誤の積み重ね、まったく隙がない。

街場の安居酒屋で、脂の乗ったコハダを魚河岸で選って、
塩をして酢に漬けて、酢飯も調整して押し寿司に仕立てる、なんて中々できることではない。

fp-IMG_0332.jpg 
それも独学ではなく、きちんとした修行の下地がある。

最近、関西の寿司屋でもコハダを置くところは増えたが、
コハダに関しては修行経験がなく(そりゃあ、昔は置かない店がほとんどだったから)、
塩梅が見よう見まねというか、無茶苦茶なところもまだまだ少なくない。

そんなのとは対照的に、真っ当な経験があったうえでオリジナリティを加える。

抜群に美味い押し寿司だった。
お代わりしようと考えているうちに、売り切れてしまった・・・。

いやはや、素晴らしい。

【訪問時期:2015年8月前半】

※まるきでは、パート・アルバイトを募集中。
 まかない付き、待遇など委細面談。
 応募・お問い合わせは、06-6647-7200まで。
 (お電話は営業開始の17:00までに)

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】 
その35 ・・・ サヨリ
その36 ・・・ オコゼ・イシダイ・牛タン
その37 ・・・ 寿司
その38 ・・・ 活きている価値
その39 ・・・ 生しらす・なめろう
その40 ・・・ 猪
その41 ・・・ 鰹しらす丼
その42 ・・・ 鶏の日
その43 ・・・ さつま揚げ
その44 ・・・ まるき部のなめろうセット
その45 ・・・ ふえふき鯛・鱧カツ


まるき 



関連ランキング:居酒屋 | 恵美須町駅今宮戎駅四天王寺前夕陽ケ丘駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9948: by 明るい農村 on 2016/02/06 at 05:48:42

こはだの押し寿司美味しそうですね。大将の修行先の良さが出ています。今年は6月と8月に関西方面に出る用事がありますので、まるきや松寿司をご一緒したいです。

9953:Re: タイトルなし by ま~くん on 2016/02/06 at 16:13:17

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

素晴らしい押し寿司でした。

ぜひぜひ、ご一緒しましょう。

▼このエントリーにコメントを残す