サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


.

リンク

戯言

塗れば塗るほど
詐欺加減が強まっていく

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

天満炭火焼鳥 わっちょい (焼き鳥:天満) 天満の質の高い良店

どうも、世界の巨人ことジャイアント馬場です。
みんなが格闘技に走るんで、私プロレスを独占させていただきます。

d-IMG_9915.jpg  
夕方の天満。

少し早い時間であるが、まあ呑もうということに。

d-IMG_9916.jpg 
八尾を本拠地とするわっちょいグループの焼き鳥店。
土日祝は正午から通し営業という使い勝手の良さ。

d-IMG_9917.jpg 
突き出しは、生野菜たち。

アロエ、スナップエンドウ、フルーツパプリカに、紅芯大根、
蕪、水茄子、キャベツ、生とうもろこし。

それぞれ甘味や香りもしっかりした野菜。
野菜にもこだわりがあるようで、それがちゃんと伝わってくる。

d-IMG_9918.jpg 
とりわさ。

d-IMG_9920.jpg 
さあ、串を焼いてもらうことにしよう。

口直しは、大根おろし。
生野菜が突き出しで、大根おろしの口直し、どこかに似ているような・・・。

d-IMG_9919.jpg 
みさき(雌鳥のテール)。

イマドキの店だろうし、レア焼きで出してくるかなと思っていたら、
一心不乱の様子で焼き台に立つ職人は、しっかりと焼いてくる。

美味い。

水準は異なるが、姿勢は旧おひとに似ている。
そういえば、10月にようやく独立店に訪問したな・・・。

d-IMG_9921.jpg 
背肝(腎臓)。

これも焼き加減よく、きっちり焼いてあるから、
タレもしっかり絡んで美味い。

d-IMG_9922.jpg 
こころ。

プリッとした鮮度良さそうな心臓をしっかり焼き上げる。
塩が少々強いが、緩いよりはよっぽど美味い。

d-IMG_9923.jpg 
心のこり。

d-IMG_9924.jpg 
銀皮。

砂肝の縁側であって、コリサクの食感に柔らかさを併せ持ち、
実に心地よい。

d-IMG_9925.jpg 
ささみ。

d-IMG_9926.jpg 
つくね。

d-IMG_9929.jpg  
もも。
美味い、美味い。

d-IMG_9930.jpg 
やげん。

d-IMG_9931.jpg 
豚バラ生姜巻。

ちょっと生姜の辛さが立ちすぎる気はするが、
豚バラはしっかり焼かれており、美味い。

d-IMG_9932.jpg 
ちょうちん。

卵管はちゃんと焼いて、未熟卵はレアで。

他店より断然美味いが、あの焼き師の境地にはまだまだ遠い。
改めて凄い、と思った。

天満価格の店ではないが、質の高い焼き鳥が供される。
接客も心地よく、いい店だと思う。

【訪問時期:2015年6月後半】

------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  





関連ランキング:焼き鳥 | 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す