サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

清麺屋 @その11 (ラーメン:恵美須町) ニボとろ醤油らーめん

どうも、プロレスリング・マスターこと武藤敬司です。
俺は木村健吾さんの付き人で楽で良かった。あの人は怒らないから。

d-IMG_9772.jpg 
清麺屋の通常営業は女将が切り盛りしている。

店主は他店のプロデュースやイベントなどで、
不在にしていることが多いようだ。

d-IMG_9773.jpg 
この日は、たまたまの店主営業。

仕込みに時間のかかる限定メニュー「どろろつけ麺」と、
ニボとろ醤油らーめんのみ。

d-IMG_9774.jpg 
ニボとろ醤油らーめん。

鶏魚らーめん、純情黒醤油らーめんと、また違う顔つき。

中央にトロロが鎮座し、チャーシューではなく、豚細切れ肉がメイン具材で、
そして緑が印象的なルックスである。

d-IMG_9776.jpg 
たしかに、煮干香るスープだ。
それでいて、魚粉のザラツキに辟易させられることはないのが好感を持てる。

煮干を香らせつつ、苦味や酸味といったネガティブ面の出現はきちんと抑制。
鶏魚や純情とは違って、少しオイリーでもある。

d-IMG_9781.jpg 
となると、くどさが懸念されるが、そこは過ぎぬようセーブされる。

その辺り、菊菜やシャキッとした青ネギ、この白菜が上手く作用しているように思える。

d-IMG_9777.jpg 
醤油ダレも強めだが、トロロや白菜の甘さがいい具合に中和させる。
そして、生姜もチラリと存在しているだろうか?

d-IMG_9775.jpg 
途中で辛味噌を入れると、また顔を変える。

d-IMG_9779.jpg 
私はデフォルトの鶏魚らーめんの方を圧倒的に好むが、上手い一杯だと思う。

【訪問時期:2015年6月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 

【過去記事】
その1 ・・・ 他店と一線を画す鶏魚Wスープ
その2 ・・・ 純情黒醤油
その3 ・・・ 虜予報
その4 ・・・ 虜確定
その5
その6 ・・・ 飽きない
その7 ・・・ 味噌
その8 ・・・ トロロご飯
その9 ・・・ 純情再び
その10 ・・・ トロロご飯&替え玉

清麺屋



関連ランキング:ラーメン | 恵美須町駅四天王寺前夕陽ケ丘駅今宮戎駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9854: by ザツ on 2015/12/09 at 05:26:11

沢山の具材で構成された複雑そうな
ラーメンですね。

テイストの謎解きみたいでワクワク感
満載ですね。

9862:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/12/10 at 22:24:05

>ザツさん

コメントありがとうございます。

複雑過ぎない、という感じでしょうか。
それもツボですね。

感じのええ店主さんで、最近さらにハマってます。

▼このエントリーにコメントを残す