サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

寿し吉 (寿司:鶴橋) 保守本流が土台の革新派

どうも、 ブローノ・ブチャラティです。

ある日、奈良の古寺を巡ろうと急に思い立ち、前々から気になっていながら一度も訪れることのなかった、鶴橋の「寿し吉」にふらりと立ち寄りました。唐招提寺と薬師寺を参拝したのですが、この内容についてはいずれ”最近狂気のはけ口”となっている「マシュラン外伝」にアップしたいと思います。

JR・近鉄の鶴橋駅から直線距離で5分ぐらいでしょうか。かなり入り組んだ商店街のため、iPhoneのGPS誘導がなければ、方向音痴のブチャラティにはとてもたどり着けない場所に店はありました。しかし、この魚河岸とコリアンタウンが同居している鶴橋の活気はやはり独特で、これだけで来た甲斐があったかな、と思いながら。

テレビや雑誌によく露出し、「コテコテ」のイメージがとにかく強い店ですが、店の外観は意外とさっぱりキレイで、店内も想像していたよりはコテコテではありません。

入店してすぐ感じたのは、親方と女将の”寿司屋として丁度いい愛想”。
ブチャラティは「いらっしゃいませ」も言わぬような無愛想は論外ですが、その一方で耳が張り裂けそうな大音量で「いらっしゃーいっ!」とか「あがり一丁!!!」とか叫ばれるのも苦手です。

ただ、メディア露出を好む店ですが、写真撮影はNG。
久しぶりに文字だけのレビューになります。いつも以上に拙いレビューになりますが、ご容赦ください。

奈良ではレンタカーを借りようかなと思っていたので酒は注文せず、看板メニューの「(醤油のいらない)グルメ握り」2,980円だけを注文します。タネ順は記憶に頼っているので適当かもしれません。

真鯛のチリ握り。
少し寝かせた鯛はこれまた少し厚めに引いてあります。ここは直球勝負の旨さです。

ズワイガニは脚身に蟹味噌を乗せて。味噌のごくわずか臭みがあるような気がしないでもないですが、悪くはありません。

真鯵はまあまあといったところ。

キングサーモンはさすがに脂がたっぷり乗っていて、ニンニクチップとよく合っていて旨いです。

水茄子の海胆乗せ。
水茄子はオリーブオイルで炒めてから冷ましてあるのですが、ブチャラティは焼いた水茄子は初体験。アクがなく甘くてジューシーというのが水茄子の特徴だと思いますが、焼くとその良さを保ちながらさらに味濃くとなる印象です。

乗せられている海胆もなかなか上質で、これが焼き水茄子に何ともいえない旨味を加えます。ただ奇抜なだけのタネと思っていたら、非常にバランスの取れた旨さの三重奏に不意を衝かれました。急にジッパーが開いて「スティッキィ・フィンガーズ」のパンチが飛んできたイメージですね。

蛸の柔らか煮は薄く3枚スライスしたのを重ねて握り、和辛子を添えます。こちらはまあまあ。富山産の白海老も甘みがしっかりとあって旨いです。

そして、名物の「フォアグラ」。
寿司屋のつけ台に座っていて、生フォアグラがフライパン焼きされる光景を見て、その音を聞き、漂ってくる香りを嗅ぐ。何とも不思議な時間です。

普段フレンチなど食べることのないブチャラティ。フォアグラと聞いただけでテンションが上がります。食べ慣れぬものを何と表現すべきか迷いますが、このぽってりコックリといいましょうか、たまらない旨さです。

また、シャリがこのフォアグラをしっかり受け止めていることにも驚きました。邪道の中の邪道のようなタネですが、シャリの塩梅がしっかりしているので、握りとしてもちゃんと成立しています。う~ん、旨い。

フォアグラの後は、酢が効いた自家製のガリを齧り、花かつおと芽ネギの握りで口をさっぱり。

最後を飾るのはこれまた名物の「グルメ卵」。
フォアグラ、海胆、貝柱、ミツバなどが豪快に入った出汁巻き玉子。もう何がなんだか分からない迫力で、握りダネとしてはどうかと思いますが、ツマミとしては旨いと思います。

少し足らなかったので、ネギトロを注文。
こちらはパリパリの乗りできちんと巻いた正統派の6つ切り。トロの質も良く、旨かったですね。

土台がしっかりしたコテコテ寿司、なかなか面白かったです。
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】3,780円
■総合    ☆☆☆(3.5)
■料理    ☆☆☆(3.5)
■接客    ☆☆☆
■価格    ☆☆
(☆5つが最高、★5つが最低)
※食べログと星数が違うのは、あちらにはマイナス評価がないからです。

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル



【寿し吉】
大阪市生野区鶴橋2-7-5 (地図
06-6712-6078

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
311: by すくわか on 2010/09/18 at 07:46:14

かなり個性的な感じですが、よさげですね。
ここ知りませんでした。有名店なんですね。
鶴橋(困、迷うんですょ、遭難したことがあります。 フォアグラは焼くようですが、どんな味付けなんでしょう?
醤油がいらない握りこそ、大好きな鮨です。

312:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/09/18 at 08:03:31

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

変な言い方ですが、トータルはオーソドックスなのかな、という感じです。

シャリの薀蓄語るほどの鮨通ではないですが、タネは変わっていますが、それを受けるまともなシャリ、ガリ、あがり、と真面目に作られている感じがして。結構な値段を取っている寿司屋で、正統ダネを握って、バランスはこの店の遥か下、みたいな店は結構あると思います。

フォアグラはたぶんバルサミコ酢の感じがあったような、それで醤油も使っているようなという感じです。なにしろ、招かれた立食パーティで数度食べた経験しかないので、そもそもフォアグラソテーがどんなものかもよく分からず・・・。

313: by カクさんとアヒル on 2010/09/18 at 11:34:37

へ~写真NGなんですね。かなり前に行った記憶がありますが、まだ試行錯誤してた頃なんでしょうか。私が食べたのはもっと変わりネタばかりだったような・・・
記事にはしてませんが、鶴橋なら「すしぎん」に良く行きます。
大将がちょっとうざいですが、安くて旨いですよ。

314:Re: タイトルなし by ま~くん on 2010/09/18 at 16:29:28

>カクさんとアヒルさん

コメントありがとうございます。

季節が違うともっと変わりダネが多いかもしれませんね。立ち読みした本には馬肉とか、色々載っていました。

「すしぎん」食べログで確認しましたが、美味しそうですね。鶴橋はなかなか縁遠い土地なんですが、機会あれば行ってみたいと思います。

▼このエントリーにコメントを残す