サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

Youtuber動画の何が面白いのか、未だ微塵も理解できない

それ経由で投資って・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

名代 駒寿司 @その4 (鮨:尼崎) 未だ勉強中

どうも、ミスターR指定ことBULLET CLUBの高橋裕二郎です。
これマジ!

この時期は、G1クライマックス並みに尼崎で連戦。

俺のフィニッシュ・ホールド「マイアミ・シャイン」をばっちり決めた後、
出屋敷から阪神尼崎に移動だ。

ってことで、駒寿司。

d-IMG_8971.jpg 
今回はツマミを頼まず、握りから。

キンキ。
言わずと知れた高級魚。

脂はあっさり目で、脂よりも身の甘味をしっかり感じる。

d-IMG_8972.jpg 
赤貝。

磯の香りと言っても、たしかに産地やグレードで明らかに違う。
旨味となったら、相当のレベルでないと、という貝。

ただ、剥きたてで爽やかに磯が香り、コリコリした食感が心地よい。
なかなか美味い。

d-IMG_8975.jpg 
ノドグロ。

d-IMG_8976.jpg 
皮目を少し炙ると俄然美味くなる。

d-IMG_8977.jpg 
生鯖。
豊後水道の関サバかな。

海流厳しいところを泳いで、締まりある身はコリコリとしており、
甘味のある身。

ただ、旨味となると肥えたマサバにまったく敵わない気がする。

d-IMG_8979.jpg 
生穴子。

伝助穴子をか~るく炙ってある。

d-IMG_8980.jpg 
強い歯応えに、しっかりとした脂。
美味い。

d-IMG_8981.jpg 
締めは鉄火巻。

下町街場寿司の気軽さ・雑多さを活かしつつ、仕入れも頑張る。
好きな二代目ではあるが、雰囲気に比して割高感がちょっとあるのは否めない・・・。

いや、通い詰めている鮨屋たちが、もしかしたら水準以上に安いのか・・・。

【訪問時期:2015年4月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 尼崎に根付いた大衆寿司
その2 ・・・ 諜報活動の後で
その3 ・・・ 使い方勉強中





関連ランキング:寿司 | 尼崎駅(阪神)出屋敷駅


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9751: by 明るい農村 on 2015/10/03 at 07:15:00

街場寿司に行ってみて、街場寿司の意味を知るとともにきちんと仕事をしている鮨屋の立ち位置がわかる気がします。

9753:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/10/03 at 08:50:49

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

仰る通りです。
街場寿司の良さも分かりますし、鮨屋の仕事の意味も改めて、となります。

奥深く難しいですが、楽しいです。

▼このエントリーにコメントを残す