サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

清麺屋 @その6 (ラーメン:恵美須町) 飽きない 

どうも、ニッコロ・マキャヴェッリです。
中立を保つことは、有効な選択とはいえない。

d-IMG_8716.jpg 
清麺屋。

今回こそは純情黒醤油を食べようと決意して暖簾を潜る。
だが、券売機から出てくるのは、鶏魚らーめんの食券。

毎度毎度の繰り返し。

d-IMG_8717.jpg 
女将が丁寧に、でも遅くはないサーブで供する一杯。

やたらサーブが遅い店というのがたまにあるが、
一体全体どういう手順で作っているのだろうか・・・。

d-IMG_8720.jpg 
ここのラーメンは鶏と魚介のWスープ。

鶏や豚などの動物ベーススープと、魚介出汁を合わせるWスープは、
今や珍しくとも何ともないが、品ある味わいというのはそうそう多くはない。

どうしても、インパクトを求めてしまって、
「魚介ガツン」なんて方向性へ走り、生臭いスープに堕しかねない。

d-IMG_8725.jpg 
旨味に不足は無く、食後感はすっきり。

スープに粘度はあるが、動物由来ではなく、
自然薯などのトロロでの粘度であるから、しつこさがない。

d-IMG_8726.jpg 
麺屋棣鄂のエッジ鋭い細ストレート麺は、風味も喉越し良く、
シコシコ感が美味い。 

普段営業は女将が切り盛りしているが、週末などは店主営業もあって、
店主営業限定メニューを供している。

店主はプロデューサーとして、様々な店の監修に携わり、
催事なども手がけているようである。

上手くて、美味い。
こちらも店も、段々そのように思えてきた。

とりあえず、まだ少しも飽きていない。

【訪問時期:2015年3月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 

【過去記事】
その1 ・・・ 他店と一線を画す鶏魚Wスープ
その2 ・・・ 純情黒醤油
その3 ・・・ 虜予報
その4 ・・・ 虜確定
その5





関連ランキング:ラーメン | 恵美須町駅四天王寺前夕陽ケ丘駅今宮戎駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9707: by ザツ on 2015/09/05 at 06:39:24

しかし、美人なラーメンですねぇ。

私は、盛り付けの綺麗なラーメンが
供されるとウキウキしちゃいます。
(女性にかも(笑))


女性の方がスープから
お作りになられてそうですか?
ご店主が作られて、女性の方はサーブのみですか?

拝見してて、少し気になりましたので・・・

9710:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/09/05 at 09:19:48

>ザツさん

コメントありがとうございます。

聞かないのであくまで推測ですが、
店主が忙しくて全国を飛び回ってしばらく不在。

そういう期間があったので、女将もスープ取りするんじゃないか。
と思っています。

9711: by めーめー on 2015/09/05 at 10:51:19

こちらのお店も行ってみたいんですが
まだ行けてないんですよね~
家からも近いんですが・・・・

ほんま美味しそうです♪
もつつけ麺も気になるわぁ~

次は違うの食べよって思ってても
やっぱ好きなのを食べてしまいますよね

9712: by 92 on 2015/09/05 at 11:08:23

おいしそうですね!カミソリと同じく、飽きないお味ということで気になります、近々伺ってみます。

9713:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/09/05 at 12:28:25

>めーめーさん

コメントありがとうございます。

天一であっさり頼めないのと同じですw

私はつけ麺をあまり食べないのですが、
もつつけ麺が一番人気みたいです。

9714:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/09/05 at 12:29:30

>92さん

コメントありがとうございます。

訪問~記事までが長いので、そうなるのですが、
少しリニューアルされて、この時より少しだけこってりしています

それでも全然好きで、通いまくってますが。

▼このエントリーにコメントを残す