サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

紀文寿司 (鮨:浅草) 普段使いできる老舗

今回の江戸下向、いよいよ最後の食事である。

日曜日の昼という難しい条件。

今様の高額・派手な鮨を求めている訳ではない。
古典派音楽ウィーン楽派の落ち着いた名曲を楽しめれば、それでいい。

d-IMG_8876.jpg 
ということで、再び浅草へ。

雷門方面へ歩みを進めると、見覚えある看板。
おお、浅草サンボアではないか。

d-IMG_8878.jpg 
紀文寿司。

創業110年を超える老舗。 

d-IMG_8877.jpg 
昭和23年に建てられた、何とも渋い店。

店内には、さらに良い意味での枯れた雰囲気が漂う。
飴色に変色したカウンター、壁や天井に飾られた鮨桶。

決して高級感ある洗練された調度というわけではないけれど、
店内のあちこちに「江戸」を感じさせるポイントが散在している。

d-IMG_8880.jpg 
瓶ビールを頼み、特上握りを注文。

ガリは直球勝負というか、ストレートにシャッキリ辛い。

d-IMG_8879.jpg 
まずは、イカ。

d-IMG_8881.jpg 
続いて真鯛。

この段階までは、酢飯塩梅をいささかおとなしめ、と感じた。
弁天山美家古鶴八と比べ、インパクトが弱いと思った。

d-IMG_8883.jpg 
鰹。

段々食べ進めていくと、じんわり効いた酢加減が心地よくなり、
美味さを増していくように感じる。

タイプは違うが、これも美味い酢飯だ。

d-IMG_8884.jpg 
ヅケ。

タネ質はどうということはない。
だが、これも酢飯との一体感とバランスの勝負であって、
タネ質に合った酢飯塩梅だから、握った結果、タネも俄然輝きを増す。

d-IMG_8885.jpg 
コハダ。

こちらは酢がビシッと効いた締め。
これもいいなあ。

つけ台で主に握るは、5代目。

著書もある4代目親方は、病を得られたのか、実年齢より老いた印象を受ける。
握るよりも、もっぱら客あしらいを担当している。

この4代目がとても柔らかい感じで、何とも癒される笑顔がたまらない。
かといって客に媚びる雰囲気ではなく、老舗の矜持は崩していない。

いいなあ。

d-IMG_8886.jpg 
タイラギ。

d-IMG_8887.jpg 
海胆。

本当にタネ質は大したことはない。
関西街場寿司に毛が生えた程度、と言っても過言ではないと思う。

それでも、握りとしての完成度には大きな差がある。
江戸の底力、というものだろう。

d-IMG_8889.jpg 
穴子。
いかにも万年地、という煮詰めが塗られている。

酸化による苦味や、溶け込んでしまった穴子のクセなんてものを心配したが、
クセではなく、ただひたすらに穴子の旨味と良い香りが溶け込んでいる。

甘味もさっぱりとしており、かなり美味い煮詰めだ。
この煮詰めにより、穴子自体もタネ質に比してグンと美味さを昇華させているように思える。

d-IMG_8890.jpg 
玉子焼。

さて、追加しよう。

d-IMG_8892.jpg 
小柱。

d-IMG_8893.jpg 
蛤。

こちらも漬け込み自体をあまり濃くし過ぎず、蛤自体の風味とジューシーさを残してある。
そして、このトロリとした煮詰め、これがまた美味い。

d-IMG_8894.jpg 
アオヤギ。

どこかで紙を噛んでいるような感覚があり、
それと同時に強い甘味と磯の香りが押し寄せてくる。

d-IMG_8895.jpg 
カスゴ。

予想に反して、ごく軽く締めてある。
ジューシーなカスゴという新感覚。

これも美味い。

d-IMG_8896.jpg 
干瓢。

5代目がスパンと切ったは、干瓢海苔巻定法の4つ切り。
ああ、美味い。

隣席の常連客を見ていると、金を持ってそうな不倫風カップル。
煮イカをツマミに酒を頼み、リラックスして楽しんでいる。

1人でパッと入ってきた男性は、入るや否やビールを頼み、
酢の物を見繕ってもらってビールを飲み干し、上チラシを食べてサッと帰る。

たしかに、昼酒・昼鮨に最高の店だと思う。

関西街場大衆寿司と同じぐらいの勘定だったもの。
得られる満足度は比較にならない。

d-IMG_8900.jpg 
ブランドを漁るような感覚では決してなく、
その日の気分やTPOで馴染みの店の中から、
店を選び、自由気ままに楽しむ。

な~んかかなわねえなあと思う。

間近に見えるスカイツリー。
お江戸は凄いや。

【訪問時期:2015年3月後半】
-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  





関連ランキング:寿司 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9703: by 明るい農村 on 2015/08/31 at 18:05:20

ここの鮨を体験して、
東の底力を痛感させられました。

9704:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/09/01 at 11:44:43

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

底力を感じましたね~。

お江戸の鮨っ喰いの歴史の長さと深さ、
思い知らされた気がしました。

▼このエントリーにコメントを残す