サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

海の家MUSH-UP @その2 (居酒屋:天六) そこは不思議界フーマ!

どうも、宇宙刑事シャイダーこと銀河連邦警察の沢村大です。

天神橋筋六丁目の裏路地にある「海の家MUSH-UP」に相棒のアニーと再び潜入です。残念ながらこのアニーは「オス」なんですが・・・。

生ビール 
まずは、生ビール(レーベンブロイ)で乾杯。
この日も店内はギッチリ満員。予約しないと入店が難しい人気店への道を着実に歩みつつあります。

前回は基本の「俺」コース(2,000円)でしたが、今回は肉のスペシャリテ(?)付きの「益荒男」(3,500円)コースを注文。

腐らないきゅうり 
付き出しは、愛媛県三間町産の「腐らないきゅうり」。
何がどう腐らないのかよく分かりませんし、野菜嫌いのシャイダーにはまったく上手く表現できないのですが、とにかくきゅうりの味が濃くて美味しかったですね。この店、野菜が旨いのも特徴なんですよね。

うるめいわし 
焼いたうるめイワシ。
手で持ってかじりながらビールを流し込むというのも悪くありません。何か楽しいんですよ。

シマアジ?の刺身 
シマアジの刺身。いやあ、旨かったんですよ、これも。

じゃこ天 
宇和島直送のじゃこ天。MUSH-UPの大名物!
揚げ立て熱々を紙に包んでバクつく。精肉店のコロッケのような食べ方が問答無用で旨いんです。じゃこ天も色々食べましたが、これほど中がフンワリとしていて、旨いと声を出してしまうのは他で経験がありません。

不覚にもこの宇宙刑事シャイダー、不思議界フーマの大帝王クビライが仕掛けた罠に陥り、この時点ですでに不思議時空に引きずり込まれていたようです。MUSH-UPの空間が、その空間で過ごす時間、そしてもちろんその味がたまらなく好きになっていっているわけです。

冷やしそうめん 
冷やしそうめん(山形仕立て)。
山形でこんな食べ方をしているのか知りませんが、納豆と絡めた素麺。夏バテ気味の身体に美味しいんですねえ。

鯖刺身 
鯖の刺身。
脂がしっかり乗っていながらくどくない。う~ん、旨い鯖です。鯖の刺身では、京橋の「鮓 きずな」で食べたのが驚嘆の旨さでしたが、この鯖もかなり旨いです。

鮎塩焼き 
鮎の塩焼き。
背骨ごとバリバリ食べられるという徳島の某料亭のような焼き技術ではありませんけれど、想像以上に上手く焼かれていて、いやこれも本当に旨かったですね。蓼酢も少し工夫がしてあったような記憶があります。

生うに牛肉巻き 
生海胆の牛肉巻き。
この取り合わせが正直どうなのか微妙なところではあります。でも、甘みの強い海胆を、これまた脂の甘みがしっかりある牛肉刺身で巻いて、一気に口に放り込むのは快感すら感じて、とにかく旨いんです。

鰹のたたき 
薬味でまったく見えませんが、鰹のたたきです。
タレの工夫が素晴らしいです。それこそ飲めるぐらいあっさりした味なんですが、薄味でぼんやりというわけでもなく、鰹のクセを消しながら、ええ感じで旨味を加えてくれるといったらいいんでしょうか。日本酒もどんどん進みます。

とうふチゲ 
とうふチゲ鍋を少し。そろそろ「締めかなあ」と実感。

玉子かけご飯の玉子 
この日の締めは「俺のT・K・G(玉子かけご飯)」。
黄身は爪楊枝を刺してもビクともしません。

写真を撮る余裕はなく、完全スルーですが、酒もビール、焼酎、日本酒と色々満喫し、腹がはち切れんばかりの大満腹・大満足です。

料理はお任せ、少し混むと出てくるのが極端に遅くなる・・・。
人によっては居心地の良くない店かもしれません。しかし、シャイダーはこの店が完全に好きになりました。

料理や酒の旨さもそうですが、店内の活気、そして宇和島出身の若い大将の人柄です。この大将の情熱が調理・サーブが遅くなりがち、などの欠点をすべてカバーして、えもいわれぬ居心地を演出しています。

不思議界フーマが作り出す不思議時空は、不思議獣に4倍のパワーを与え、宇宙刑事シャイダーを苦しめました。そして、シャイダーが引きずり込まれたMUSH-UP時空は、実は宇宙刑事シャイダーに10倍のパワーを与える聖地。

いさかかオーバーな表現に走ってしまいましたが、美味しいに加えて「気持ちいい」と言える店ですから、結論として5つ星とさせていただきます。
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】ざっと5,000円
■総合    ☆☆☆☆☆
■料理    ☆☆☆☆(4.5)
■接客    ☆☆☆☆☆☆
■価格    ☆☆☆☆☆
(☆5つが最高、★5つが最低)

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル



【過去記事】
海の家MUSH-UP @その1 人懐っこさで包まれた不思議空間

【海の家MUSH-UP】
大阪市北区天神橋6-3-26 (地図
06-6351-3106

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
291: by すくわか on 2010/09/15 at 02:10:35

ありゃー、ほぼ満点評価。マシュランがこんなこと書いたら、また予約がとれない店になるがな。
夜の元気な店、ながらく行ってませんナ。
たまには爺じい孝行で連れていきなさいよw。

292:アニーです。 by お向い on 2010/09/15 at 07:51:15

夏向けのメニューで
暑さを一時的に忘れるくらいの感じですね。

とうとう出ましたね、5つ星!!

293:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/09/15 at 09:30:16

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

他店に比べると「甘めにブレた」評価の部分もありますが、定量データを評価するのとは違う「味、雰囲気」の分野ですから、やっぱり好きになってしまうとそれがすべて、になりました(良く分からない表現ですが)。

予約は取りづらいですね、たしかに。タイミングが悪かったのか、この再訪までに3回電話して失敗しています。

294:Re: アニーです。 by ま~くん@管理人 on 2010/09/15 at 09:31:47

>アニー

先ほども書きましたが、星は若干甘いとは思いますが、好きになったので。
再訪で変化する可能性は十分にありますが。

大将は熱く、店内は暑い店ですね。冷房をもう少し効かせて欲しいのは正直なところです。

295: by フサルク on 2010/09/15 at 14:17:24

蒸着や赤射まだは良いとしても焼結は…
一度お邪魔してみたいと思っていましたが
予約取りにくいのですね…
困ったものです

296:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/09/15 at 18:36:46

>フサルクさん

コメントありがとうございます。

「不思議」を使いたいだけに、ついついシャイダーに・・・。

予約はこちらのタイミングがたまたま悪く、非常に取りづらくなっている可能性はあります。
ただ、「予約必須」みたいになりつつあるのは確かで、よほどでないと、フラッと立ち寄ってという居酒屋らしい使い方はできなくなっているようです。

297: by カクさんとアヒル on 2010/09/15 at 18:49:29

私はダメでした、ここ。大将はかなり前から知ってるんですが、
お店が流行って、ちょっと変わったかも。料理は2000円なら値打ちあると思いましたが遅すぎました。最後の料理が出てきたのは2時間半後。二人で2000円のコースを頼んでビール3杯、酒1杯、ハイボール2杯で10700円でした。記事は書きましたが店名は出しませんでした。辛口マシュランさんが5つ星!もう一度行ってみようかな。

298:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/09/15 at 19:05:44

>カクさんとアヒルさん

かなり遅いのは変わっていないと思いますし、初回訪問時は2,000円、今回で3,500円のコースで、酒量がさほど変わらなくて1人5,000円は同じ、と不明朗会計(気分?)でもあります。

不思議時空の表現を入れたのは単にふざけたのではなく、この日の雰囲気に「飲まれた」というか、他店では味わえなかった妙な心地よさに感動し、酒と料理も旨かったのもあって一気に5つ星評価に上げました。

同星評価の他店とは違って、次回訪問で評価が急変する可能性もあるので「不思議時空」と意味不明の表現にしました。

303: by いや 辛抱 on 2010/09/16 at 11:44:23

初めまして、ドレもこれも満点で、旨そうでした。

304:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/09/16 at 11:52:26

>いや 辛抱さん

初めまして、コメントありがとうございます。

じゃこ天のインパクトに引きずられている感は何となくあるのですが、この日はとにかく満足で旨いと思いました。

ブログ拝見しました。
私は家でほとんど飲まないこともあって、素敵な家飲みの記事、とても興味深く読ませていただきました。

▼このエントリーにコメントを残す