サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


.

リンク

戯言

自己暗示に逃げるしか、
道は無いのだろう、哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

鮨 一二郎 @その2 (鮨:泉大津) 送別の宴

どうも、地球連邦軍大将のヨハン・エイブラハム・レビルです。
全軍を指揮する者が弾の後ろで叫んでいては、勝つ戦いも勝てんよ。

d-IMG_8757.jpg 
鮨 一二郎。

我が鮨道の師、Iさんがいよいよ東国へ戻られる。
この店の大将と私とで開く送別会は、やはりこの店だろう。

d-IMG_8761.jpg 
突き出しは、蛸と春野菜の酢の物。

酸味と野菜の青の香りが、実に爽やかで、上手く溶け合っている。
それに負けない、しっかりとした地蛸の旨味。

d-IMG_8762.jpg 
鰹のヅケ。

d-IMG_8765.jpg 
締め鯖。

表面を少し炙ってあり、その香りが若干燻製香に寄っており、それがたまらない。
そして、旨味濃厚な鯖。

d-IMG_8766.jpg  
タイラギ炙りと甘海老。

その名の通り、甘味濃厚な甘海老が美味い。

ちょっとずつが嬉しい。

d-IMG_8768.jpg 
赤貝のワタ。

d-IMG_8769.jpg 
牡蠣の酒煎り。
酒の香りをまとった牡蠣に、ミモレットチーズが抜群に合う。

暴騰気味の変化球かと思いきや、ミットに入れば、鮨屋のツマミとして真ん中高めのストライク。
やりますなあ。

d-IMG_8770.jpg 
メヒカリ。

深海性の魚で、かつては深海底引きでの雑魚扱いという時代もあったらしい。

少し柔らかめの身は、まったりとした脂を蓄え、旨味も濃い。
今では、ちょっとした高級魚扱いに昇格しているが、正当な評価だと思う。

d-IMG_8771.jpg 
牡蠣と空豆のかき揚げ。

空豆の青の風味と、牡蠣の磯の風味、そこへ海胆の甘味。
良いコンビネーション。

d-IMG_8773.jpg 
のれそれ。

サッと火を通したのれそれの美味さは、この店で初めて知った。

その火入れのれそれに、旨味芳醇な蛤出汁を合わせる。
うん、絶品。

d-IMG_8774.jpg 
蝦蛄。

岡山産の蝦蛄は、身がしっとりして、旨味も濃く、最高に美味い。

近年、シャコの漁獲量は激減し、関東の名産地も軒並み減っているようだが、
それは泉州でも同じことなのだろう。

d-IMG_8776.jpg 
ノドグロ塩焼き。

ふっくらとして、素晴らしい身質。
そして、溢れ出る脂、それもキレが良く、くどさを感じない。

美味いなあ。
添えられている、黒キャベツの素揚げも美味い。

d-IMG_8777.jpg 
平目の変り揚げ。

フキ味噌を挟んであり、抜群に美味い。

d-IMG_8778.jpg 
ガリは、新生姜の芽のところ。
しゃっきりと辛めではあるが、少し甘さを残す関西らしいガリ。

これが素晴らしく美味くて、お代わりを重ねた。

d-IMG_8780.jpg 
ホタルイカ。

d-IMG_8781.jpg 
握りは、カワハギから。

d-IMG_8782.jpg 
シマアジ。

釣りの天然物。
養殖は脂ギッシュであるが、天然はなるほど脂推しではなく、旨味推し。

心地よい弾力の身を噛み砕いていくと、程よい脂の甘味を感じつつ、
赤身と白身の間を行くような、所謂イロモノとしての身の美味さが押し寄せる。

ああ、美味い。

d-IMG_8783.jpg 
海老天ぷらのワカメ餡かけだったかな?

d-IMG_8784.jpg 
太刀魚。

d-IMG_8786.jpg 
ヅケ。

d-IMG_8787.jpg 
コハダ。

d-IMG_8788.jpg 
何だったかな・・・。

d-IMG_8790.jpg 
これも何だったかな・・・。

d-IMG_8791.jpg 
車海老。

d-IMG_8789.jpg 
玉子。

相変わらず、親方と、料理担当の弟さんの阿吽の呼吸。
兄弟船が供する味と、雰囲気はとても素晴らしいもの。

色々話し込み、最高の送別の宴となった。

楽しくもあり、寂しくもある夜はこうして終わった。

【訪問時期:2015年3月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 夢の揺り篭





関連ランキング:寿司 | 泉大津駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9675: by 明るい農村 on 2015/08/17 at 01:01:57

つまみと握りの満足度が非常に高いお店でした。関西から全くぶれていない事も魅力でした。やはりぶれない仕事が大事だと改めて学ばせていただきました。

9676:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/08/17 at 10:37:06

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

ブレないは大切ですよね。
美味しくて、素晴らしく居心地の良い空間・時間。

また行きたいです。

▼このエントリーにコメントを残す