サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

来年は凄いことが起こる詐欺w

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

松寿司 @その61 (鮨:阿倍野) サヨリ・エンガワ

どうも、ニッコロ・マキャヴェッリです。
賢明な君主でなければ、良き助言を採用することはない。

d-IMG_8462.jpg 
突き出しは、のれそれ。

鰻と同じく、生態が未だ解明されていない謎多き魚、穴子。
その稚魚は爽やかな味わいを持ちつつ、妖艶な舌触り。

d-IMG_8467.jpg  
鳴門の平目。

型も大きく、締めて浅いと筋肉質の身はただただゴリゴリ。

きちんと管理された睡眠を与えられた身は、まだかなりの弾力を持ちつつ、
旨味の膨らみが凄まじい。

この時期ならではの脂がアシスト。
美味い。

d-IMG_8466.jpg 
平目の芽ネギ巻き。

頼りない平目なら、ネギの風味に負けそうだが、
美味い平目であれば、ネギのアクセントを受け、これまた美味くなる。

ネギの主張を受けてなお、身の旨味がじんじんと伝わってくる。

d-IMG_8468.jpg 
徳島の真鯛。

香りこそ弱いものの、程よく脂が乗り、旨味もしっかり。

鯛として美味いのだが、先ほどの平目の後では霞んでしまう。

d-IMG_8469.jpg 
鰤。

脂は乗るも、しつこ過ぎず、身の旨味を減退させない。
これが美味い。

d-IMG_8470.jpg 
その鰤で辛味大根を巻く。
これは絶佳。

d-IMG_8471.jpg 
平目エンガワ。

さすが立派な型だけあって、エンガワも立派。
かなりの筋肉質で、グリグリと噛み進めると甘い脂が溢れる。

d-IMG_8472.jpg 
平目の子と肝。

コックリとしつつ、キレのある味わいの肝が絶佳。

d-IMG_8475.jpg 
太刀魚たたき。

五島列島・小値賀島産の厚みある太刀魚は、噛み締めると脂の甘みがサラリと流れ、
強い旨味がグイグイと押し寄せてくる。

ああ、美味い。

d-IMG_8477.jpg 
鮑の肝醤油。
生鮑の最も好きな食べ方だ。

コリカリと噛み砕いて磯の風味を楽しむ。
火入れ鮑に比べて弱い旨味は、肝醤油が十二分にカバーする。

d-IMG_8478.jpg 
残った肝醤油には海胆を。

d-IMG_8479.jpg 
贅沢感がたまらない酒肴。

d-IMG_8480.jpg 
カラスミ。

d-IMG_8481.jpg 
サヨリ昆布締め。

型が大きく、厚みがあるサヨリ。

ただ淡白な魚と思っていたが、カンヌキ級になってくると、
グンと旨味が増して、力強く素晴らしい味わい。

d-IMG_8482.jpg 
松葉蟹。

蟹肉の繊維が柔らかで、嫌な舌触りがまったくない。
味噌の濃厚な風味にも負けない、蟹肉の甘味と旨味。

d-IMG_8483.jpg 
大溝貝。
こちらで初めて食した貝。

お、握っても美味いなあ。
さっぱりめの生鳥貝といった趣き。

d-IMG_8486.jpg 
ボタン海老。

こいつも立派なサイズで、歯応えが快感。
甘味も強いが、海老の風味に満ち、とても美味い。

d-IMG_8487.jpg  
頭をごく軽く炙ると、海老の香りが増し、これも美味い。

d-IMG_8488.jpg 
ヅケ。

d-IMG_8489.jpg 
トロ。

d-IMG_8491.jpg 
コハダ。

マグロの赤身、トロ、コハダは、完成された流れだと改めて感じる。

d-IMG_8492.jpg 
大溝貝ヒモ。
こちらは、みる貝寄り。

d-IMG_8493.jpg 
甘鯛昆布締めだったかな?

d-IMG_8494.jpg 
ここで天ぷらを少し。
白魚、アオサノリだっただろうか。

d-IMG_8495.jpg 
エンガワ。

グリングリンと噛み締めて、甘い脂を堪能する。

d-IMG_8497.jpg  
丸ハゲ。

d-IMG_8498.jpg 
ノドグロ。

昆布締めを炙って。
脂はあるが、身に締りが出て、そのうえで濃密な旨味。

d-IMG_8499.jpg 
車海老。

d-IMG_8500.jpg 
イクラ。

d-IMG_8501.jpg 
鯖。

d-IMG_8502.jpg 
穴子。

d-IMG_8503.jpg 
もういっちょ、エンガワ。
今日はこいつに翻弄されておるわい。

d-IMG_8506.jpg 
生ワカメの赤出汁で締め。

お、珍しく巻物食べてないや。

【訪問時期:2015年2月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 


【過去の松寿司】 
その45 ・・・ マグロ時雨煮
その46 ・・・ メイチ鯛
その47 ・・・ 改めてHOME
その48 ・・・ 生白子
その49 ・・・ ふぐ・アコウ
その50 ・・・ 伊根マグロ
その51 ・・・ 貝祭り
その52 ・・・ のれそれ玉子とじ
その53 ・・・ 貝祭り・改め
その54 ・・・ 裏切らず
その55 ・・・ 鰯
その56 ・・・ 秋刀魚握りの答え
その57 ・・・ 続・鰯
その58 ・・・ 蝦蛄
その59 ・・・ カラスミ・穴子
その60 ・・・ 松初め


松寿司
 



関連ランキング:寿司 | 北畠駅東天下茶屋駅姫松駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9643: by 明るい農村 on 2015/07/27 at 00:09:04

今回もものすごい品数ですね。でも仕事がぶれていないのがすばらしいです。8月にお江戸に参ります。小笹→鶴八分店のベタなルートを伺います。

9644:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/07/27 at 11:01:34

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

軸足がしっかり関西なので、最近余計に好きになりました。

小笹、鶴橋分店、黄金ルートですね。
新日本の1.4東京ドーム並みですw

9645: by 明るい農村 on 2015/07/27 at 14:49:54

最近、浅草に興味を持ちつつあります。次回は栄寿司、橋口あたりに伺ってみようと企んでおります。

9646:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/07/28 at 10:56:18

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

ただの観光地というのではない、懐の深さを感じた街です。

いいですね~、東京に定期的に行きたいです。

▼このエントリーにコメントを残す