サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

金久右衛門 四天王寺店 @その3 (ラーメン:四天王寺) サロンに用はない

どうも、美のカリスマこと、妖星のユダです。
「レイどころか、シンや目を傷つける前のシュウのほうがよっぽどお前より美しいぞ」というお便りをたくさん頂戴しています。

「金久右衛門 四天王寺店」に立て続けに2回訪問してきました。

本店で食べた「大阪ブラック」。
あの感動の味をFCの四天王寺店で再現できているのか、それが確認したかったからです。

本レポートは副官・ダガールと訪問した2回目、つまり”最終回”が中心になっています。

開店すぐの時間の訪問でしたが行列はなく、うまい具合に2席だけ空いていたので、待たずに入店することができました。しかし、何だか異様な雰囲気を感じます。これは後で述べます。

大阪ブラック 
大阪ブラック(700円)と丸腸ホルモンのトッピング(250円)。2回ともこれを注文しました。

麺 
麺は1回目が本店で食べたのと同じ太麺、2回目を細麺で確認しています。

本店で感動した、豊かなコクと味の奥深さ・広がりを感じさせつつ、後味がすっきりした絶妙な濃厚醤油スープ。これが四天王寺でも満喫できるのか、非常に楽しみであり、ドキドキする瞬間です。

う~ん・・・。(1回目の感想)
・・・・・。うん、やっぱり。(2回目)

残念ですが、別物といわざるを得ません。
トキとアミバほどの違いがあります。レイに指摘されるまでアミバの正体に気づかなかったケンシロウでもすぐに分かると思います。

看板が同じ以上、同じ材料を使っているでしょうし、当然似てはいます。ですが、スープを口に含んだ後、醤油の味の直後に、魚介の風味を中心に広がっていく、本店で感動したあの味の展開を感じることができません。奥行きのないというか、平べったい、濃いだけの醤油スープにしかどうしても感じられません。

拙者の舌ではそうたしかに感じましたが、それでも本店と四天王寺店が同じ味であるというのなら、本店の評価を下げざるを得ません。あの時、感動した拙者の舌がおかしかったのでしょう。記憶に残る本店のあの旨さは少しも再現されてはいなかった、というのが率直な印象です。

さて、冒頭に述べた異様な雰囲気についてです。
”最終回”訪問時、拙者とダガールの他はすべて常連客で、それもただの常連客ではなく、ブロガーや同業者と推定される面々でした。

その面々に媚びへつらう雇われ店長と調理担当のオッサンの言動。
新メニュー(それも裏メニュー)の自慢話を耳障りな音量でまくし立て、またそれを増長させる面々。こういうことであれば、拙者とダガールの入店を断って欲しかったとさえ思います。

ラーメン屋はいつの間にこれだけ雄弁になったのか・・・。
別に沈黙しておけ、などとは言うつもりはありませんが、不快感を感じるほどまくし立てられても困ります。

それに、裏メニュー(といっても一般客も注文できますが)偏重の姿勢、これはまったく評価できません。何しろ、調理・サーブの手際の悪さはオープン時からさほど改善が見られない状態です。基本メニューのオペレーションがまだ十分でないのに、メニュー開発に血道をあげるというのはいかがなものでしょうか。

拙者にはまったく価値を見出せませんので、常連専用のサロンと化したこの店に二度と訪問する気はありません。
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】950円
■総合    ★★★
■料理    ★
■接客    ★★★★★(雰囲気含む)
■価格    無星
(☆5つが最高、★5つが最低)

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

 

【過去記事】
金久右衛門 四天王寺店 @その1 まっすぐに!
金久右衛門 四天王寺店 @その2 足し算の限界か

【金久右衛門 四天王寺店】
大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-12-4 (地図
06-6772-5590

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
277: by すくわか on 2010/09/11 at 14:24:57

おぉぉ、予期していたことがついに起きた、という印象です。
恵まれた環境でスタートする「FC店」にありがちな、毎度の現象です。
当ブログの管理人さんの味覚の正確さを知っておりますので、当FC店への訪問は見送りたいと思料します。

278:Re: タイトルなし by ま~くん on 2010/09/11 at 14:36:09

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

そんな大した舌ではないですが、「本店と違うなあ」の感想は冷静だった1回目の検証でメモっていたことですので、サロン化への憤りで舌を曲げたのではないとだけは言えます・・・。

本店でもう1回食べてみたいな、とも思います。

279: by フサルク on 2010/09/11 at 23:19:08

一流の割烹に行って炊きものを教わります
分量から手順コツまで懇切丁寧に教えてくれます
曰く、全く同じ材料で全く同じ手順で作っても
絶対同じ味にならない!だから教えてあげますと…
大阪ブラックは大蔵さんが作らないと本来のクオリティが出ないでしょう
きんせいは中村さんが麺哲は庄司さんが作らないとダメです
タイトなチューニングのラーメンは支店やFCは向かないのです

280:Re: タイトルなし by ま~くん on 2010/09/12 at 08:44:19

>フサルクさん

コメントありがとうございます。

麺哲やきんせいはちょっとしたチェーン店ぐらいにまで店が増え、
とくにきんせいの出店は目を見張るほど急ピッチです。
金久右衛門もそういう道に走ろうとしているんですかねえ・・・。

2店舗目からいきなりFC。
「名」ではなく「金」のリスク回避には慎重だと考えられますが。

299: by お豆 on 2010/09/15 at 23:01:23

私も2度いきましたが全く同じ印象を受けました。
各方面であまりにも評価されるので自分の調子が悪いのかと思っておりましたが店員の無駄話や常連客との会話など店にまったく緊張感もなく、居心地は最悪でした。

似て非なるもの。時間の問題でしょう。

300:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/09/15 at 23:56:31

>お豆さん

コメントありがとうございます。

本店ではたまたま幸運にもこういった客層と遭遇しなかっただけか、と今になると思ったりもするのですが、本店の大将は非常に落ち着いた良い感じの方だっただけに、そのギャップの激しさが目立ちます。

店を増やす、本当に難しいことだと改めて感じます。

341: by 西本町 on 2010/09/24 at 16:26:56 (コメント編集)

私は待たされ方が感じ悪かったのでそのまま帰っちゃいました。
同じ思いの人がおられ嬉しいです。

342:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/09/24 at 18:49:32

>西本町さん

コメントありがとうございます。

常連ブロガーが溜まっていると一見が若干放置される傾向は感じました。
こういう傾向が続くと痛い目に遭うような気はするのですが・・・。

▼このエントリーにコメントを残す