サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

中華そばの店 ちいふ (ラーメン:二条城) すき焼きラーメン

どうも、ベトナム民主共和国初代主席のホー・チ・ミンです。
奴隷として生きるより、生贄に殉じる方が良い。

d-IMG_8253.jpg 
二条城の近くに、ちょっと変わったラーメンを出す店があるという。

中華そばの店 ちいふ。
テントはだいぶくたびれているが、ホールや厨房はキチンと掃除されている。

d-IMG_8258.jpg 
セットメニューはこんな感じ。

ラーメンセットにすることにしよう。

d-IMG_8254.jpg 
すると、お盆に生卵とキムチが配された。

d-IMG_8256.jpg 
そして、なかなか味のある大将が、昆布の佃煮を勧めてくる。
スープにでも使っているのだろうか。

ちょっと驚くぐらい、醤油辛さの強い佃煮で・・・。

d-IMG_8255.jpg 
生卵を割ってラーメンを待つが、玉子かけご飯用では決してない。

d-IMG_8257.jpg 
この店のラーメンは、すき焼きラーメンということらしい。

すき焼き醤油なるものを入れた生卵に、ラーメンを浸けて食べるのだ。

d-IMG_8260.jpg 
しばらくして、ラーメンが着丼。

いかにも京都ラーメンというルックスで、
チャーシューメンかと思わせるボリューム。

d-IMG_8261.jpg 
鶏がらベースかと思われるスープは、見た目ほど醤油勝ちではない。

ただ、出汁感よりも、醤油が先に立つ感じではある。
それでも、全体のバランスはなかなか良い。

「すき焼きラーメン」という別名だけに、九州などの甘口の醤油を使い、
全体を少し甘めに仕上げてくるかな、と勝手に想像していたのとは、
まったく違う印象の味わい。

d-IMG_8262.jpg 
黄色の強いストレート麺は、表面チュルチュルで結構な弾力。

d-IMG_8264.jpg 
すき焼きラーメンということで、生卵に浸けて食べてみる。

う~ん・・・。
この行動を起こす積極的な理由は見当たらない。

麺が急速に冷めるわけだし、その一方で得られる価値もとくに・・・。

ちなみに、生卵の色が濃いのは、醤油容器が詰まっていたのか出にくく、
だいぶ傾けてみたら、ドバッと出てしまってため。

d-IMG_8263.jpg 
別メニューに「牛肉ラーメン」というのがあったが、
その牛肉が少し甘めの味付けであれば、アリかもしれないかな、とは思う。

結局、2口だけ浸けて食べ、残りは玉子かけご飯にして食べた。

【訪問時期:2015年1月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  





関連ランキング:ラーメン | 二条城前駅烏丸御池駅丸太町駅(京都市営)

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す