サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

越中屋 @その5 (鮨:天下茶屋) 居心地の良さが光る店

どうも、ジョージ・バーナード・ショーです。

嘘つきの受ける罰は人が信じてくれないということだけのことではなく、
他の誰をも信じられなくなる、ということである。

d-IMG_7948.jpg 
随分ご無沙汰の越中屋。
当たり前のように満員の盛況で、何組も断っている。

d-IMG_7949.jpg 
突き出しの蛸は小ぶりだが、旨味濃くなかなか美味い。

すっかり忘れられているだろうと思っていたが、親方は私を覚えていた。

初回訪問時でも予約名を覚えて、一見客を名前で呼び、
常連になったかのような居心地を演出する親方だが、
前回訪問時のとあるエピソードをサッと言ったから、本当に覚えていたのだ。

改めて凄い人だと思う。

d-IMG_7950.jpg 
カワハギの薄造り。

d-IMG_7951.jpg 
肝を巻いて喰うのも美味し、醤油に肝を溶いて喰うも美味し。

d-IMG_7952.jpg 
鱈白子醤油焼き。

鮨屋から二目盛り居酒屋寄りの注文。
ここは関西、これもいいのだ。

d-IMG_7953.jpg 
真鯛。

d-IMG_7954.jpg 
平目昆布締め。

ネットリ感が出て、しっかりめの締め具合。
昆布の風味が良く、美味い。

これがもう一歩締め進むと、スッカスカ。
ここが臨界点。

d-IMG_7955.jpg 
中トロ。

口に入れると、サッととろけていく脂。

d-IMG_7956.jpg 
ノドグロだったかな。

d-IMG_7957.jpg 
金目鯛かな?

炙りと青ネギを多用するところ、関西街場大衆寿司寄り、
もしくは二目盛り居酒屋寄りという感じ。

これも、また良し。
シャチホコばったってお江戸には敵わないもの。

d-IMG_7958.jpg 
玉子。

d-IMG_7959.jpg 
剣先イカ。

甘味爽やか、歯ごたえもよし、キレのある味わいのイカだ。

d-IMG_7960.jpg 
赤貝は、身とヒモを一緒に握る。
小ぶりだが、香りがなかなか良い。

d-IMG_7961.jpg 
鯵だったか。

d-IMG_7962.jpg 
ホッキ貝。

d-IMG_7963.jpg 
穴子。

d-IMG_7964.jpg 
巻物は、カンパチの腹身に大葉と胡麻。
大葉が良いアクセントで美味い。

d-IMG_7965.jpg 
イカに、何かの肝を乗せたもの。

結構酔って、下書きせずに寝たため、記憶が凄まじく曖昧・・・。

d-IMG_7966.jpg 
イクラ。

d-IMG_7967.jpg 
鉄火巻。

相変わらずの親方ホスピタリティにも感動したが、驚いたのは値の安さ。
2人で訪問したが、もしかして1人前の計算?と思ったぐらい。

酢飯は甘ったるくはないが、江戸前志向でもなく、ツマミ豊富で、関西らしい店。
お任せが強制されず、各々が気ままに呑んで喰う。

楽しかった。

【訪問時期:2014年12月後半】 

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 味もさることながら親方に惹かれる店
その2 ・・・ 天下人の茶屋で寿司を喰らう
その3 
その4 ・・・ 天下茶屋の名店





関連ランキング:寿司 | 天下茶屋駅岸里駅北天下茶屋駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9582: by 明るい農村 on 2015/06/09 at 09:34:41

うまい酒が飲める鮨、
これが関西の鮨の持ち味だと思います。

今週末お江戸です。
分店と小笹に行ってまいります。

9583:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/06/09 at 11:30:10

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

お茶ではないですね、関西は酒ですよね。

いよいよですね。
分店また行きたい病、で苦しんでいます。

▼このエントリーにコメントを残す