サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

びんちょう焼き 八炭 @その11 (居酒屋:北新地) 米

どうも、アメリカ合衆国第16代大統領のエイブラハム・リンカーンです。

世界中の全ての友を失うことになっても、ただ1人の友、
すなわち心の奥底にいる友だけは残しておくように努力したい。

d-IMG_7299.jpg  
突き出しは、ワカメとキノコのスープ。
焼肉屋の締めのようであるが、そこにやっぱり和のエッセンス。

突き出しで温かい汁物で不意をつかれたが、これが美味い。

d-IMG_7302.jpg 
鱈白子ポン酢。

純白が美しい白子は、期待を裏切らぬキレイな味で美味い。
シャキシャキのワカメがまたいい。

d-IMG_7303.jpg 
豚バラ生姜巻。

丁寧に炭火で焼き上げる、豚が主役の生姜巻。
生姜が主役も美味いが、豚バラのジューシーさの訴求が強いこちらも美味い。

d-IMG_7305.jpg 
ポテトサラダをちょっとだけもらう。

ジャガイモのホクホク感を残し、ベーコンの旨味とコク味がバッチリ活きている。
この日はちょっと酸味を強めにしてあるが、これまたサッパリ感が出て美味い。

d-IMG_7306.jpg 
d-IMG_7307.jpg 
もずくを蕎麦つゆで食べる。

蕎麦のように、ズズーッと啜り、喉越しのよさを楽しむと、
そこへ磯がフワッと香る。

いいですなあ。

d-IMG_7309.jpg 
訪問時は、新米の時期。
福井県美浜産のコシヒカリ。

d-IMG_7311.jpg 
蓋を取った瞬間に立ち上る香り。
何物にも代え難い、食欲をそそる素晴らしい香り。

主食が米である幸せを感じるとともに、米食文化を守っていかなくては、
との思いが強まる。

d-IMG_7312.jpg 
いつもここでは、艶々で、モッチモチ食感のご飯を食べている。

新米だと、そこに瑞々しさが加わる。
瑞々しさに満ちた米の甘味、まさしく極上の美味。

今年もまた、新米の時期到来が楽しみというもの。

【訪問時期:2014年10月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】 
その1 ・・・ 梅干!
その2 ・・・ 牡蠣
その3 ・・・ 豚バラ生姜巻
その4 ・・・ 銀シャリ
その5 ・・・ 島らっきょう
その6 ・・・ 銀シャリ&塩昆布
その7 ・・・ お決まり
その8 ・・・ もずく&蕎麦つゆ
その9 ・・・ 鶏ももたたき
その10 ・・・ 塩鮭


びんちょう焼き八炭



関連ランキング:居酒屋 | 北新地駅西梅田駅東梅田駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9547: by ザツ on 2015/05/24 at 14:37:04

突き出しが汁物って、私はあまり聞かないです。
確かに意表を突かれますね。

以前アッオウされていた、もずくをそばつゆ
で食べるのを、家でやってみましたら
結構イケてました。
いくらでも食べれる感じですね。

9553:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/05/25 at 11:30:27

>ザツさん

コメントありがとうございます。

もずくと蕎麦つゆ。
イケるでしょ!

ダイエットにもよさそうなので、
家でもやってみようかと思っています。

▼このエントリーにコメントを残す