サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


.

リンク

戯言

自己暗示に逃げるしか、
道は無いのだろう、哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

寿し おおはた @その14 (鮨:北新地) バースデーナイト

どうも、ルネ・デカルトです。
疑いは知の始まりである。

d-IMG_7803.jpg  
おおはた。

訪れたのは誕生日。
仕事が立て込んで肉体的にハードだったので、ちょっとご褒美。

d-IMG_7805.jpg 
誕生日だと知ってくれていた親方から、シャンパンをご馳走になる。

d-IMG_7806.jpg 
北新地の某店の大将も偶然来られていて、美味しいお酒を頂いた。
皆様の優しさが心にしみまする。

そして、この方とも初対面が叶った。

d-IMG_7807.jpg 
さあ、今日は思いっきり喰うぞ~。

d-IMG_7808.jpg 
突き出しは、鱈白子の蒸し寿司。

キレイな味の鱈白子の下には、温かい酢飯。
白子と米粒のキシッとした酢飯との相性が良く、美味い。

d-IMG_7810.jpg 
アンキモ。

滑らかな舌触りに、豊かなコク味。
アンキモ自体の甘みに、煮詰めの品ある甘みも加わり、素晴らしい味わい。

d-IMG_7812.jpg 
刺身は、手前がクエ、奥はヒラスズキ。

少し寝かせたクエは、噛むと旨味がギュンとほとばしる様。

ヒラスズキは弾力ある身質で、少し荒々しい旨味が弾ける。
スズキと違って、クセを体内に溜め込みにくく、香りも実に良い。

d-IMG_7813.jpg 
トロの炙り。

大根おろしと山葵をたっぷりと乗せる。
肉のように食らうのが、また美味い。

d-IMG_7815.jpg 
仙凰趾牡蠣の漬け込み。

大ぶりでミルキー、クリーミーな仙凰趾は、ともすれば大味。
漬け込みと味に締りが出て、これがベストかもしれない。

d-IMG_7816.jpg 
クエの酒蒸し。
先ほどの刺身は腹身、これは背身。

クエも美味いが、クエの脂を吸ったネギと椎茸も美味い。

d-IMG_7819.jpg 
本みる貝のぬた。

ぬたは赤貝が最上と思っていたが、みる貝も美味い。
水管は刺身や握り、身やヒモをヌタに、素晴らしい。

d-IMG_7820.jpg 
酒も進む。

d-IMG_7821.jpg  
ズワイガニ。

セコガニの身肉も美味いが、雄蟹はやはり身の旨味も力強い。
改めて、蟹味噌って美味いなあと感心させられる。

d-IMG_7822.jpg 
握りはクエからだったかな。

d-IMG_7823.jpg 
白海老の昆布出汁締め。
前回はまだ実験段階だったが、いよいよ完成形に。

白海老は生のままではイマイチ物足りなさを感じていたタネで、
昆布締めにすると昆布が勝ちすぎるとも思っていた。

昆布出汁締めが、実にちょうど良い塩梅。

d-IMG_7825.jpg 
鯖。

脂のキレ具合が実にシャープ。
締めがビシッと決まり、美味い。

d-IMG_7826.jpg 
ハガツオ。

上手く撮れない・・・。

d-IMG_7828.jpg 
ヅケ。

d-IMG_7829.jpg 
トロ。

時化の時期だったが、なかなか旨味の深いマグロ。
熟れ具合もよろし。

d-IMG_7831.jpg 
コハダ。

冬の脂の乗ったコハダは、締めに対するレスポンスが素晴らしい。
青い香りが爽やかで、旨味がしっかりと広がっていく。

d-IMG_7832.jpg 
何だったかな・・・。

d-IMG_7833.jpg 
スミイカ。

d-IMG_7834.jpg 
ブリ。

脂はしっかり乗っているが、くどさはなく、旨味の筋もピンと通っている。
これだからこそ美味い。

d-IMG_7835.jpg 
みる貝。

キュンと反り返る、活きの良いみる貝は磯を香らせつつ、味が濃い。

d-IMG_7836.jpg  
ふむ、これも何だったか・・・。

d-IMG_7837.jpg 
サヨリ。

d-IMG_7838.jpg 
車海老。

d-IMG_7839.jpg 
赤貝。

やはり、生の貝の握りでは、香り、味、食感とも別格という気がする。
本みる貝や鳥貝も美味いが、トータルバランスでは赤貝が王者かな。

d-IMG_7840.jpg 
通風丼。

海胆・イクラとも味濃い。
受け止める酢飯がしっかりしているから美味い。

d-IMG_7841.jpg 
煮蛤。

d-IMG_7842.jpg 
蛸。

d-IMG_7843.jpg 
穴子。

d-IMG_7844.jpg 
玉子。

d-IMG_7845.jpg 
吸い物。

この日は、特別ようさん食べて、限界の腹パン。
素晴らしい誕生日の夜。

【訪問時期:2014年12月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】 
その5 ・・・ さらなる成長
その6 ・・・ 第一幕第四場
その7 ・・・ 第二幕第一場
その8 ・・・ 脂のコントロール
その9 ・・・ 秋です
その10 ・・・ マツカワガレイ
その11 ・・・ 活けイイダコ煮
その12 ・・・ 酢飯
その13 ・・・ 白海老仕事の到達点


寿し おおはた
 


関連ランキング:寿司 | 北新地駅大江橋駅西梅田駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9528: by 明るい農村 on 2015/05/11 at 07:45:45

ここは関西と関東のお鮨が高いレベルで融合していますね。

9530:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/05/11 at 12:02:15

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

江戸と上方の中間点のええ感じ、みたいな。

名古屋はそうならず、また独特なんですよね。
不思議です。

9533: by タケ on 2015/05/12 at 12:38:22

これは…殿様の食事だねw

9534:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/05/12 at 15:30:24

>タケさん

コメントありがとうございます。

いやいや、脱藩浪士よw

9555: by kura on 2015/05/26 at 19:17:15

ご無沙汰しています。この間はたゆたゆの周年で再開でしたが覚えてませんよねww

9556:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/05/27 at 10:04:30

>kuraさん

コメントありがとうございます。

ご想像通り、ぶっ飛んでおりますww

▼このエントリーにコメントを残す