サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

焦り丸出しで、もはや哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

名代 駒寿司 (鮨:尼崎) 尼崎に根付いた大衆寿司

どうも、アルベール・カミュです。
われ反抗す、ゆえにわれら在り。

d-IMG_7407.jpg 
阪神尼崎駅周辺には、いかにも長年地元で愛されている、
という雰囲気を周囲に放つ店が点在している。

この日は、そういう雰囲気を感じさせる鮨屋に食べ歩き仲間が行くと聞いて、
こりゃちょっと行って見たいと、半ば強引に阪神電車に飛び乗って合流した。

d-IMG_7408.jpg 
名代 駒寿司。
構えも、中も、The昭和の大衆寿司、という趣きである。

この地で50年営業しているそうで、つけ場に立つ親方は二代目と思われる。
見た目はだいぶ若そうだが、聞けばしっかりと中年。

隣席には、早い時間から呑んでいそうな常連客がご機嫌であった。

d-IMG_7409.jpg 
鳥羽の牡蠣酢。

d-IMG_7410.jpg 
酒を。

失礼だが、尼崎の、こういう構えの大衆寿司であれば、
養殖冷凍を主に取扱い、酒にもこだわりがないのかと思いきや、
天然魚介も取扱い、地酒も色々揃えている。

さあ、握ってもらいやしょう。

d-IMG_7412.jpg 
長崎産ののどぐろ。

サラリとした脂は軽めの乗り、身にはしっかりとした甘さ。
美味い。

d-IMG_7414.jpg 
淡路の鯵。

ちょいと旨味・香りとも弱いが、クセの強すぎるやつよりはいいか。

d-IMG_7416.jpg 
北海道産の鰤。

腹身だが、脂は大人しめ。
脂ギトギトよりは良いが、大人しすぎると筋が立ってしまうのが難点。

d-IMG_7417.jpg 
赤貝。

厚みのある、しっかりとした赤貝。
ダメ赤貝だと、鉢巻にした海苔の風味に完敗してしまうが、
ちゃんと香ってくる。

酢飯は甘ったるいとまでいかないが、砂糖多目の関西伝統仕様。
トロ、鰤といった脂の多い握りは、相乗効果でかなり甘く感じるもの。

d-IMG_7420.jpg 
自画像ではないw

面白いエチケットだ。

d-IMG_7421.jpg 
太刀魚。

d-IMG_7423.jpg 
イクラ。

おお、塩蔵イクラやん!

冷凍技術が発展し、昨今出回るイクラは醤油漬けばかり。
醤油漬けももちろん好きだが、塩イクラも美味いのだ。

嫌いな人は多いだろうが、あの特有の匂い、
そして塩気に、ネットリ感、独特のコク味、これがいいのだ。

d-IMG_7425.jpg 
トロ。

鮨にマグロは必要不可欠。
とは思っていないはずだが、気付けばやっぱり食べている不思議・・・。

d-IMG_7427.jpg 
たら白子醤油焼き。

d-IMG_7428.jpg 
塩イクラが忘れられない。

d-IMG_7430.jpg 
離れられない。

気軽な雰囲気なうえ、外観に比して上々のタネ質で、親方も気さく。

大衆寿司として申し分ない感じだが、親方の手が遅いのが難点。
威勢よく、そしてリズム良く、ポンポンと握ってもらいたいとは思う。

【訪問時期:2014年10月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  





関連ランキング:寿司 | 尼崎駅(阪神)出屋敷駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す