サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

ズーッと凄いことになりそう・起こりそう、と言い続ける。

結局な~んにも起こってないやん。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

金久右衛門 四天王寺店 @その2 (ラーメン:四天王寺) 足し算の限界か

どうも、聖帝です。

最近の記事は麺類ばかりで、財政難であることを示すかのようですが、聖帝十字陵の完成を急ぐため、「金久右衛門 四天王寺店」にまたまた潜入します。ラーメンのヘビーローテーション・・・。「ハートの奥 ジャンジャン溢れる愛しさは ヘビーローテーション」♪

なにわブラック 
注文したのは、因縁の「なにわブラック」(750円)。
拙者は金久右衛門(本店)で「大阪ブラック」を食べ絶賛しましたが、初回訪問時はこのなにわブラックを食べ、「旨いけど何か微妙に違うなあ」と疑問に思った一杯であります。

濃口醤油のラーメン(黒醤油)に、イカのワタと海老を効かせたのが「大阪ブラック」、そこに牡蠣とアサリの干した物を加えたのが「なにわブラック」と進化していくわけです。

麺 
麺は細麺をチョイス。

丸腸 
高井田ゴールドで好きになった丸腸ホルモン(250円)もトッピングしました。

なにわブラックは、ペースト状のタレを溶かしながら徐々に味を変えて楽しむ、というタイプのラーメンです。

なにわブラック混ぜ状態 
う~ん、やはり拙者には貝の風味が余計にしか感じられません・・・。

大阪ブラックの濃口醤油スープにイカワタと海老で魚介を効かせるところまでは黄金のバランスだと思いますが、そこにアサリ、牡蠣を加えると、くどさ、重さが出てきてしまいます。「鶏がら・豚骨ベーススープ」に「濃口醤油」、「イカワタ&海老」と足し算を続けてきて、最後に「貝」を足すと逆にマイナスになってしまった、という印象です。バランスが崩れ、貝のクセが立ってしまうように感じられます。

というか、それ以前に「なにわブラック」のベース(一歩手前)となる「大阪ブラック」の味が、本店と違う、本店のようなバランスの良さがないのではないか、とも感じます。これは四天王寺店で「大阪ブラック」を食べて検証してみたいと思います。

玉子かけご飯 
ちなみに、サイドメニューは玉子かけご飯(250円)を注文していました。
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】1,250円
■総合    ☆(1.5)
■料理    ☆
■接客    ☆ ☆☆
■価格    無星
(☆5つが最高、★5つが最低)

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル



【過去記事】
金久右衛門 四天王寺店 (ラーメン:四天王寺) まっすぐに!

【金久右衛門 四天王寺店】
大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-12-4 (地図
06-6772-5590

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
255: by すくわか on 2010/09/03 at 09:39:26

そういえば、金久右衛門は、基本玉子が入ってないのですね?
トッピング50円、玉子かけごはん250円は少々高いような。
本店でなにわブラック食べてみようと思います。

256:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/09/03 at 09:49:23

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

玉子はトッピングですよね。
なにわブラックに丸腸入れて、玉子かけご飯で1,250円。結構なランチです。

257:「その涙が私を一層強くするだろう」 by 南斗白鷺拳 on 2010/09/03 at 18:34:15

聖帝さん
拙者ランキング幅とりすぎてね?
しっかり食べ歩きレポに集中しなさいよ。

あとAKBのCDありがとね。
こっそり聞くわ。

258:Re: 「その涙が私を一層強くするだろう」 by ま~くん@管理人 on 2010/09/03 at 19:02:38

>仁星のシュウ

悲しき男よ、シュウ・・・。

狂ってるのは分かってます。ただ、一時的な熱病なだけで間もなく沈静化するはず。
たしかに、最も更新に手間掛かる部分であったりもしますが。

身体に流れる修羅の血が再び修羅の拙者を蘇らせつつあります。

▼このエントリーにコメントを残す