サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


.

リンク

戯言

結局、最後は潰し屋。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

北新地たゆたゆDX @その11 (焼きとん:北新地) 本店も

どうも、陽城候・劉向子政です。
成徳の士は、乱世に疎んぜらる。

d-IMG_6779.jpg 
北新地たゆたゆDX。

この日は、大将が焼き台に立っている。

 d-IMG_6780.jpg 
豚トロとハツ。

d-IMG_6781.jpg 
豚トロを食べると、やっぱり流石、と唸ることになる。

焼き加減、そして塩加減。
やはり大将だなあ、と思う。

塩加減もしょっぱいかなで一歩引くのではなく、一歩踏み込む。
もちろん塩辛さを感じる手前で止めてあり、味は引き締まっている。

焼きも、この一歩の違いだろう。
もちろん、大将に仕込まれた若い衆も頑張っているが、
この一歩の点の違いがある、と勝手に感じた。

d-IMG_6783.jpg 
コブクロ。

内臓肉自体の質もいいが、改めてこのタレが美味い。

d-IMG_6784.jpg 
丸腸。

表面がパリッと焼きあがるからこそ、
中から飛び出る甘い脂の美味さが生きる。

d-IMG_6785.jpg 
長芋の漬けもんで小休止。
脂に浸った口中を少し洗い流す。

d-IMG_6787.jpg 
豚バラ長芋巻。
豚バラをあっさりに感じさせる魔性の串。

パリッと焼き上げた豚バラとシャクシャクの長芋。
食感のコントラストに、サッと香る刻んだ紫蘇。

d-IMG_6790.jpg 
久々にとりみも喰う。

パリッと焼き上げた、焼きとん屋の焼き鳥もまた美味い。

d-IMG_6791.jpg 
d-IMG_6792.jpg 
美味かったので、再度コブクロと丸腸を。

ここで、本店からちょっと用事で、会長が来た。

会長は、本店のホールスタッフで、MissCRMと呼ぶべき、
素晴らしい接客魔法を身につけた人。

d-IMG_6794.jpg 
懐かしくて少し喋っていると、バッとお客が帰り、本店が空いているという。

ということで、だ~いぶ久しぶりに本店へ。

d-IMG_6795.jpg 
本店店長の川ちゃん。

かなりマッチョになっているが、変わらない。
懐かしいなあ。

d-IMG_6796.jpg 
突き出しから再び。

d-IMG_6797.jpg 
本店では、やっぱりこのラムラックを食べたい。

d-IMG_6798.jpg 
子羊の骨周り肉に、辛子と塩をちょい付けでかぶり付く。

たまらない。

したたかに酔った。
帰路はフラフラで、新地某店店主に恥ずかしい姿を見られたらしいw

【訪問時期:2014年8月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 焼きとんパラダイスの2号店
その2 ・・・ バラキム万歳
その3 ・・・ 北新地の誓い
その4 ・・・ つくねチーズ
その5 ・・・ ハツ&コブクロ
その6 ・・・ 河内鴨
その7 ・・・ コブクロ
その8 ・・・ ハツ
その9 ・・・ 看板娘
その10 ・・・ 乳かぶ


関連ランキング:焼きとん | 北新地駅渡辺橋駅大江橋駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す