サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

博多一幸舎 京都拉麺小路店 @その2 (ラーメン:京都駅)

どうも、イマニエル・カントです。
内容のない思想は空っぽで、概念の無い直感は無為である。

ip-IMG_2656.jpg  
京都拉麺小路。

オープン当時は大行列とかだったんだろうが、
ピークタイムをちょっと外せば、たいがいスッと入れる。

常設のラーメンテーマパークの時代って終わったのかねえ。
イベントで、発泡スチロール丼のラーメンで1,000円払う、
なんて方がよっぽど考えられないが・・・。

ip-IMG_2657.jpg 
同行者の希望が豚骨ラーメンということで、博多一幸舎へ。

店内外に漂う獣臭は、本格豚骨ラーメンを喰わそう、
という期待を通行者に抱かせるに十分なのだろう。

ip-IMG_2659.jpg 
一幸舎は福岡県外では、世田谷区経堂にポツンと店があり、
あとはこの京都駅ビルとエキマルシェ大阪にある。

JR西日本グループが必死に誘致しているのだろうか。

ip-IMG_2661.jpg 
注文は、デフォルトの豚骨ラーメン。

「獣臭=こってり」は違うのだろうが、
粘度はなく、スッと入ってくるスープ。

油によるオイリーさを少々感じるが、くどさはなく、
飲みやすいといえる。

出汁感そこそこ、こってり感そこそこ。
獣臭の割りに引き出し得たものが少ない、と私は思う。

ip-IMG_2669.jpg  
替え玉は、久しぶりにバリカタにしてみた。

豚骨ラーメンであれば、このバキボキ食感もたまにはいいと思う。

トータルとして、魔性の要素はないが、優等生かなという気はする。

ip-IMG_2658.jpg 
さて、この一幸舎。

京都店は、換気設備に上手く工夫を凝らしたのか、
店内外の獣臭は「ちょっと気になる」程度。

そういえば、大阪店のあるエキマルシェの高架下。
一時期の獣臭の立ち込めは凄まじかった。

ダクトの位置の調整を繰り返しているのだろう。
たまにホームで獣臭がしたり、と何だか大変な様子だ。

【訪問時期:2014年9月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1



関連ランキング:ラーメン | 京都駅九条駅東寺駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す