サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


.

リンク

戯言

自己暗示に逃げるしか、
道は無いのだろう、哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

びんちょう焼き 八炭 @その8 (居酒屋:北新地) もずく&蕎麦つゆ

どうも、エピクロスです。

正しい人は、最も平静な心境にある。
これに反し、不正な人は極度の動揺に満ちている。

d-IMG_6444.jpg 
突き出しは、胡瓜の酢の物。

混ぜられているのは、鱧皮だったかな。
魚(うお)の風味と、焼いた皮のチリチリした食感がアクセント。

この店の突き出しは、「いかにも定番」のような顔触れが多いが、
ちょっと工夫が隠れているところが、なかなか曲者であるw

d-IMG_6445.jpg 
沖縄もずく。

d-IMG_6446.jpg 
酢ではなく、蕎麦つゆに付けて食べる。

ひじき嫌いのもずく好きという私で、もずくはよく食べるが、
蕎麦つゆでズズーッとたぐるのがたまらなく美味かった。

d-IMG_6447.jpg 
たこぶつ。

d-IMG_6448.jpg 
豚バラ生姜巻。

ジューシーな豚肉。
爽やかな酸味、清涼感ある香り、シャクッとした食感の生姜。

ここでの鉄板。

d-IMG_6449.jpg 
酒ください。

かわいいエチケット。
ひと夏で終わるからか、あっさり、すっきりした味わい。

d-IMG_6450.jpg 
締めは、銀シャリ。

日本人なら、やっぱりお米を食べないとw

d-IMG_6451.jpg 
炊きたてご飯。

釜から上がってくる香りは魔性。
誘惑されないと身構えていても、あっという間にノックアウト。

艶々、もっちり、ふっくら。
ああ、美味い。

d-IMG_6452.jpg 
ご飯のお供に、何か違うものを、とも考えるが、
玉子かけご飯にベチャベチャにしてしまうのも勿体ないなあ。

かといって、肉味噌など味濃いものでも勿体ないなあ・・・。

d-IMG_6453.jpg 
ってことで、やはり塩昆布に落ち着く。

旨味バッチリの塩昆布。
かといって味濃いわけではなく、ご飯の個性を少しも損じない。

d-IMG_6454.jpg 
食後酒は、泡盛のロックでまったりと。

今回は、もずくにノックアウト。

【訪問時期:2014年7月上旬】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】 
その1 ・・・ 梅干!
その2 ・・・ 牡蠣
その3 ・・・ 豚バラ生姜巻
その4 ・・・ 銀シャリ
その5 ・・・ 島らっきょう
その6 ・・・ 銀シャリ&塩昆布
その7 ・・・ お決まり
 


関連ランキング:居酒屋 | 北新地駅西梅田駅東梅田駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す