サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

まるき @その23 (居酒屋:恵美須町) とびあら・鰤ハム・モクズガニ

どうも、マルクス・トゥッリウス・キケロです。

自信は、心が確信ある希望と信頼を持ちて、
偉大なる栄誉ある道に乗り出す感情なり。

d-IMG_7240.jpg 
まるき。
2014年度のヘビーローテーション部門は、断トツでぶっちぎった店。

大将は、Twitterでその日の仕入れやお勧めメニューを発信している。
こいつをチラッと見ると、数時間後には店で座っている。
私を誘い込む魔性のツイートなのだw

d-IMG_7243.jpg 
とりあえず、刺身を盛ってもらう。

d-IMG_7245.jpg 
よく肥えて、いかにも美味そうだった鯖。

鮮度抜群だったので、いつもより浅めに締め、生の良さも活かす。
質の良く、キレある脂に満ち、たまらない。

d-IMG_7246.jpg 
天然ブリ。

大将は腹身より、背身が好みで、店でももっぱら背身が出る。
脂はありつつも、腹身よりもさっぱりしている。
うん、ブリらしい旨味が生きる。

私は腹身も好きだが、脂でギトったものは好まない。
養殖と違い、もちろんキレはあるが、脂が多すぎると旨味がボケる。

d-IMG_7244.jpg 
本日の魔性ツイートは、このとびあらだ。

とびあらは、泉州でよく食べられていて、唐揚げなんかは食した経験がある。
だけど、生で、刺身なんて食べたことがない。

おお、弱いのではなく、優しい、ほんのりとした甘味。
甘海老やボタン海老などに比べれば、さっぱりとした甘味だ。

では、甘海老やボタン海老に劣るのか?

いやいや、頭からバリバリかじると魅力百倍。
クセのない、軽いコク味の味噌が加わり、えもいわれぬ美味さ。

相当な鮮度が求められるから、滅多に食べられないだろうが、
こいつは素晴らしい。

d-IMG_7247.jpg 
当然、酒ください。

d-IMG_7248.jpg 
酒の友は、大将の創作・ブリの生ハム。
これが絶品だった。

あくまで生を活かしてあるが、程よい熟成感があり、
しっかりとした塩気。

酒が止まらない。

d-IMG_7249.jpg 
鱈白子天ぷら。

d-IMG_7250.jpg 
もう一方の魔性ツイート、モクズガニ。
ちなみに、あの高級蟹・上海蟹の同属異種。

d-IMG_7252.jpg 
みっしりと詰まった身は、甘味もあるが、旨味が濃厚。
川蟹らしい個性ある濃厚な味わい。

そして、味噌も抜群に美味い。

こんだけ食べたら、いくらするのだろうとちょっと身構えたが、
ごくごく庶民的な居酒屋価格。

そりゃあ、ぶっちぎりのヘビロテになろうというもの。

【訪問時期:2014年10月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】 
その15 ・・・ 鰆白子・天然ホタテ
その16 ・・・ ふぐ
その17 ・・・ 蛸
その18 ・・・ 続・蛸
その19 ・・・ ホヤ
その20 ・・・ 金目鯛
その21 ・・・ まるき書初め
その22 ・・・ イクラご飯


まるき 



関連ランキング:居酒屋 | 恵美須町駅今宮戎駅四天王寺前夕陽ケ丘駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9434: by HIRO on 2015/02/19 at 18:44:18

いつもお店選びの参考にさせて頂いてます。(もく)ズガニ!食べたいです。ブリも美味しそう。勇気を出して、いつかチャレンジしたいお店です。

9435:Re: タイトルなし by ま~くん on 2015/02/19 at 22:47:23

>HIROさん

コメントありがとうございます。

働き者で、工夫を欠かさない大将。
大好きなお店です。

▼このエントリーにコメントを残す