福籠 @その2 (中国料理:上新庄) 油淋鶏

どうも、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテです。
涙とともにパンを食べた者でなければ、人生の本当の味は分からない。

d-IMG_5540.jpg 
上新庄、とあるBarへ行く前の腹ごしらえ。

福籠へ再訪。

失礼ながら、当地とは思えない雰囲気を持つ中華料理店。
物腰柔らかい大将に、愛想良く品良いホールの女の子たち。

d-IMG_5541.jpg 
まずは、ビールとザーサイ・キムチの盛り合わせ。

メニューに書いてあるが、キムチは鶴橋で仕入れているらしい。
酸味が立たず、甘味とコク味あるシャッキリしたキムチは好きだ。

ザーサイも美味い。
これだけで、しばらく呑んでいられる。

前回は麻婆豆腐と炒飯を満喫した。

d-IMG_5543.jpg 
今回は、油淋鶏。

パリッと揚がった鶏肉は、中は柔らかくジューシー。
このコントラストが大事だろう。

d-IMG_5544.jpg 
香味ネギソースも、酢の具合がとてもいい。
酢の酸味が一瞬クッと上がってくるが、臨界点手前でおさまる。

酸味と甘味が上手く調和した味付け。
夢中でパリパリと食べてしまう。

もうちょっと食べたいところだが、大学生らしきグループが大量入店し、
厨房が回らなくなりそうだったので、サクッと退散した。

上新庄に行く度に訪問したいところだが、
いつも混んでいてなかなか、というのがつらいところ・・・。

【訪問時期:2014年4月】

-------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ この地でこの味、天晴れ



関連ランキング:中華料理 | 上新庄駅瑞光四丁目駅だいどう豊里駅

スポンサーサイト

2 Comments

カピパラ太郎  

こんばんは!

ザーサイの胡瓜の種の処理の仕方だけでもおいしそうな感じが伝わりますね。

気軽に行けそうな中華、参考になります。

2014/11/27 (Thu) 23:31 | REPLY |   

ま~くん  

Re: タイトルなし

>カピパラ太郎さん

コメントありがとうございます。

丁寧に料理される店です。
何食べても美味い、そんな気がしています。

2014/11/29 (Sat) 16:05 | REPLY |   

Post a comment