順徳 (中国料理:神戸元町) ねぎ汁そば

どうも、アイザック・ニュートンです。
どんな行動にも、必ずそれと等しい反対の反応があるものである。

d-IMG_5950.jpg 
神戸元町でランチの時間。

店は決めてある。
前から行ってみたかった順徳だ。

JR元町駅からしばし歩いて路地裏へ。
ラブホテルと、風俗の受付店舗が軒を並べる元町の風俗街。

えらいとこに店あるなあ。
思わず、そっちに引き寄せられそうになるではないか・・・。

d-IMG_5951.jpg 
開店20分前に着いてしまったため、近くのコンビニでしばし休憩。
様子見がてら、開店10分前に戻ってみると、結構な行列。

舐めていた。
危うく2順目になるところ、1巡目最後に滑り込む。

食べログ見て来ました、という客層もいるが、
昔から来ているだろうと思われる、年配層も多い。
世代を超えて神戸っ子に愛される店、そういう雰囲気が漂っている。

平日と違い、ランチセットがないので、
ネギ汁そばと炒飯を単品で注文。

d-IMG_5954.jpg 
ビジュアル訴求がシンプルで実に美しい。

少し黄金色がかった清湯スープに葱油が浮かぶ。
具材は、白髪ネギと青梗菜のみ。

d-IMG_5956.jpg 
美味いのももちろんあるが、昨今のラーメンの中には、
複雑の迷路に迷い込み、乱れた味に陥ったものも少なくない。

リセットのためにも、ここらで中華の汁そばを食べたかったのだ。

d-IMG_5957.jpg 
透明度のあるスープは見た目を裏切らず、キレイな味わい。
鶏ベースで、中華らしく乾物の恩恵にもあずかっているだろう。

でも、濃すぎない、うるさくない。
ストレートに、じんわりと旨味を感じるスープ。

素材の滋味をシンプルに。
きちんとスープをとれるなら、やっぱり直球勝負が一番美味いだろう。

d-IMG_5958.jpg 
少し平打ちがかり、柔らかめに茹で上げられた麺。

本来柔らかめの麺は、あまり好みではない。
このスープで少し泳がせ、ズズーッと啜ると、これがまた美味い。

スープが美味いと、やっぱり麺も美味くなるのだ。

何だかんだチャーシューが好きで、チャーシューメンをよく頼むが、
チャーシューが無くても、ひとつも寂しさなんて感じない。

d-IMG_5960.jpg 
炒飯。

「パラパラ」呪文を唱えつつ、「パサパサ」に化ける代物とは一線を画す。
しっとり系の炒飯だ。

d-IMG_5962.jpg 
かといって、ベタベタではない。

きちんと味付けと油が回り、ふんわりしっとり。

d-IMG_5961.jpg 
味付けも濃すぎず、緩くなく、好みに合う。
プリプリした海老も生きている。

気張って行く店ではないだろうが、間違いなく良店だと思う。
ランチ普段使いに寄れる人が羨ましい。

一度ぐらい、大人数で夜順徳を満喫してみたいとも思う。

【訪問時期:2014年5月】
---------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  



関連ランキング:広東料理 | 元町駅(阪神)元町駅(JR)旧居留地・大丸前駅

スポンサーサイト

2 Comments

コジ  

神戸の汁そばでも、抜き出ていますね。皆で、円卓囲みたいっすね。

2014/11/13 (Thu) 11:54 | REPLY |   

ま~くん  

Re: タイトルなし

>コジさん

コメントありがとうございます。

夜に円卓囲んでたらふく食べたいね~。

2014/11/14 (Fri) 23:10 | REPLY |   

Post a comment