サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

びんちょう焼き 八炭 @その5 (居酒屋:北新地) 島らっきょう

どうも、ジークムント・フロイトです。

道徳のある人間は、悪人が現実世界で行ってしまう物事を
夢の中だけに留めておける。

ip-IMG_2135.jpg 
突き出しは、ゴーヤとツナのサラダ。

ゴーヤのシャッキリした苦味。
炒めないとなかなか強すぎて辟易することもあるが、
ツナと合わさると少し大人しくなり、いい感じになる。

ip-IMG_2138.jpg 
アボカドの刺身。

熟れたアボカドは、バターのようなコク味がある。
それでいてさっぱりして、少し青の香りがある。

当たり前だが、やっぱり動物ではなく、植物なのだ。
それにしても、改めてアボカドの刺身が美味いと気づいた。

ip-IMG_2140.jpg 
豚バラ生姜巻。

この店で、これは欠かせない。
豚バラと生姜の相性の良さは周知の事実だが、焼きが大切。

どこでも食べられる、という美味さではない。

ip-IMG_2142.jpg 
酒ください。

ip-IMG_2143.jpg 
へしこをほんの少しもらう。

ip-IMG_2145.jpg  
島らっきょうのかつお醤油和え。

島らっきょうは細かく切って少し水にさらす。
シャキシャキ感が増して、香りも一層爽やかに。

何気なくつまんだが、切れ味鋭い美味さ。

ip-IMG_2146.jpg 
最後はやっぱりご飯。

注文してから、釜で1合ずつ炊く、福井県産コシヒカリ。

ip-IMG_2148.jpg 
炊きたてご飯は、最高のご馳走。

炊きあがったご飯の香りの誘惑度は凄まじい。

ip-IMG_2151.jpg 
艶々モチモチのご飯は、何もなくてももちろん美味い。

ip-IMG_2147.jpg 
が、敢えてご飯の供に、塩昆布をもらう。

これが、大正解。

あくまでご飯を引き立てる脇役に徹する自覚を持ちつつも、
旨味のアピールが半端ではない昆布。

ip-IMG_2152.jpg 
めちゃくちゃ美味いのだ。
この塩昆布ちょい乗せご飯が。

う~ん、病み付きになる予感。

ip-IMG_2153.jpg 
しじみの味噌汁を少しだけもらう。

日本人の幸せ。
【訪問時期:2014年5月】

---------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】 
その1 ・・・ 梅干!
その2 ・・・ 牡蠣
その3 ・・・ 豚バラ生姜巻
その4 ・・・ 銀シャリ


びんちょう焼き八炭



関連ランキング:居酒屋 | 北新地駅西梅田駅東梅田駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9284: by ザツ on 2014/11/07 at 05:57:28

もう完全にごはんの虜になられてますね(笑)

美味しいご飯を食べてる時ほど幸せなモンは
ありませんよね。

アボガドって、熟れ具合によって味が
違うのだとか・・・

9288:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/11/07 at 10:27:09

>ザツさん

コメントありがとうございます。

美味しいご飯は、ほんと幸せですよね~。

こだわった米で、こだわって炊く。
私は日常生活で得られませんので、それだけで大ご馳走です。

アボカドの熟れた、とろけるようなのいいですよね。

▼このエントリーにコメントを残す