サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


.

リンク

戯言

自己暗示に逃げるしか、
道は無いのだろう、哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

デーバク @その5 (韓国料理:東心斎橋) ファン化システム

どうも、フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキーです。

感情は絶対的である。
そのうちでも嫉妬はこの世で最も絶対的な感情である。

d-IMG_5689.jpg 
デーバク。

料理は美味い。
それで、お値段はかなり安い。

d-IMG_5690.jpg 
オモニが面白い。

黙っていても、突き出しの玉子焼、ナムル、キムチが出てくる。
ナムルとキムチは、自動お代わりシステムw

d-IMG_5692.jpg 
この玉子焼が何気に好き。

基本的には、年中無休の店。
切り盛りするは、オモニたった1人。

だから、常連客は自然と中に入って酒のサーブを手伝う。
これが少しも押し付けがましいものはなく、客同士の一体感が出て楽しい。

d-IMG_5691.jpg 
2回ほど通えば、なんとなくファンになってしまう店。

よく出来たシステムだw

d-IMG_5693.jpg 
この日のチャンジャは自家製ではなく、オモニのお姉さんが韓国で仕入れたもの。

オモニによると、日本で出てくるチャンジャには、
マグロの腸や胃で仕立てたものが少なくないという。

これは、スケトウダラのもの。
コチュジャンも甘みが立ったもので、なかなかに美味い。

d-IMG_5695.jpg 
チヂミ。

表面がサクサクで、中はもっちもち。
具もたっぷりで、抜群に美味い。

d-IMG_5698.jpg 
この店では初めて食べる蒸し豚。

d-IMG_5699.jpg 
豚肉の持ち味も濃いが、下味がしっかり付けたあるのも嬉しい。

葉っぱで巻き、コチュジャンを付けて食うと、
よほどしっかりした味のある豚肉でないと、
ちょいとピンボケしてしまう、ってなケースもままある。

この下味で、ピンと味の筋が通る。

d-IMG_5697.jpg 
そして、この海老の塩辛。

このままでも酒肴として楽しみたい香気と塩気、コク味。
豚肉との相乗効果で、どえらく美味くなる。

日本も色々な塩辛や魚醤があり、様々に活用するが、
他のアジア諸国にも多種多様のものがあり、活用の幅も広く深い。

楽しいなあ。

d-IMG_5701.jpg 
ここで常連さんが持ってきたチーズケーキのおすそ分け。

d-IMG_5702.jpg 
最後は、やっぱり参鶏湯。

鶏の旨味が存分に出つつ、雑味のないスープ。
何しろオモニの塩加減は好みとバッチリ。

文句なしに美味い。

d-IMG_5703.jpg 
トッポギも入れてもらい、満足満腹。

会計すると、改めて安い、と驚く。
ファンになっちゃうよね~。

【訪問時期:2014年4月】

---------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 

【過去記事】 
その1 ・・・ 参鶏湯に感動した
その2 ・・・ やっぱり美味い
その3
その4 ・・・ 裏切らない



関連ランキング:韓国料理 | 長堀橋駅日本橋駅近鉄日本橋駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9256: by コジ on 2014/10/24 at 07:26:28

参鶏湯が美味しい季節になってきましたね。

9257:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/10/24 at 12:24:11

>コジさん

コメントありがとうございます。

汗を気にせず思いっきりガッつける季節。
また行きたいです。

▼このエントリーにコメントを残す