サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


.

リンク

戯言

自己暗示に逃げるしか、
道は無いのだろう、哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

地鶏焼 にわ鶏 @その2 (焼き鳥:西中島) つなぎ

どうも、天下悪事始業の張本人こと、越前守護職の朝倉孝景です。
人の上に立つ主人たるべき者は、不動明王と愛染明王のごとくあれかし。

d-IMG_5219.jpg 
久しぶりに、西中島の「地鶏焼 にわ鶏」へ。

この辺り、飲食店がそこそこ密集していて、どこも同じような風景。
店がどこの通りにあったかと、少し迷ってしまう。

d-IMG_5220.jpg 
焼き鳥といっても、焼肉のように自分で焼くスタイル。

わいわい話しながら、思い思いの加減で焼く。
たまには、これが楽しい。

d-IMG_5223.jpg 
突き出しは、皮。

辛子を効かせてあり、ビールによく合う。

d-IMG_5224.jpg 
名物のジューシーミンチカツ。

訴求点は、とにかくジューシーw。
箸を入れると、びっくりするぐらい肉汁・脂が溢れ出てくる。

d-IMG_5228.jpg 
揚げ方、バランスとか色々あるだろうけど、
ジュワジュワのミンチカツを熱々ホフホフ食べるのは楽しい。

d-IMG_5225.jpg 
鶏刺し盛り合わせ。

d-IMG_5227.jpg 
鮮度良く、爽やかな甘みが美味い。

d-IMG_5226.jpg 
ももや、色鮮やかな砂肝も美味いが、こころが抜群に美味い。

d-IMG_5229.jpg 
ここからは、焼き。

d-IMG_5230.jpg 
焼物6種盛。

d-IMG_5231.jpg 
まずは、皮を焼いて、脂で焼き網を馴染ませる。

串の焼き鳥であれば、熟練の職人技で焼き上げ、
きちんとタレと絡めた皮がいい。

自分で焼くのであれば、サッと焼いて適当な加減で引き上げ、
岩塩で喰うのがいいかな。

レア焼きなる中途半端な焼き鳥は、最近まったく好まない。

それなら、自分で焼く楽しさのある、このスタイルがいい。
話しながら、サッと焼いて塩で喰う。
結局、レア気味になっているもの・・・。

d-IMG_5233.jpg 
白子。
プチンと弾ける感覚がたまらない。

d-IMG_5234.jpg 
数量限定のつなぎ。
心臓と肝臓を繋ぐ部位らしい。

写真はボケているが、味は抜群。

心臓らしいサクコリっとした食感を楽しみ、
肝臓らしいコク味と旨味を楽しむ。

心臓と肝臓のええとこ取り。

d-IMG_5236.jpg 
締めは、鶏スープラーメン。

この人気店のラーメンは、スープが頼りなかったけど、
こちらはしっかりと旨味があり、なかなか。

大将の付かず離れずの愛想も良く、いい店。

【訪問時期:2014年3月】

---------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1




関連ランキング:焼き鳥 | 南方駅西中島南方駅新大阪駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9163: by ザツ on 2014/09/13 at 06:32:56

こういう焼き鳥ものんびり食べれて
良さそうですね。

時には、焼きがどうこうとか
部位がどうこうとかより
ワイワイガヤガヤがイイデス。

つなぎって初めてみましたが
横隔膜近辺ってことでしょうか・・・

9167:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/09/13 at 12:41:02

>ザツさん

コメントありがとうございます。

自分で焼く楽しさ、ってのもありますね~。
島之内の故郷羊肉串店もそうです。

つなぎは、その辺りなんでしょうけど、
詳しくは分かりませぬ・・・。

▼このエントリーにコメントを残す