サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

麺蔵ひの屋 (ラーメン:上新庄) 鶏醤油ラーメン

どうも、アメリカ合衆国初代大統領、合衆国陸軍大元帥のジョージ・ワシントンです。
中傷に対する最高の返答は、黙々と義務を遂行することである。

上新庄。
馴染みのまったくない土地であったが、このBarとの縁から、
たま~に訪れるようになった。

ip-IMG_1909.jpg 
阪急京都線上新庄駅を下車して、いつも軽くメシを喰う店を探す。
何しろ、そのBarにはフードは一切置いてないのでw

麺蔵ひの屋。
そのBarのすぐ近くにあるラーメン屋だ。

ip-IMG_1910.jpg 
メニューはこんな感じ。
(消費税増税前訪問なので、価格等が変わっていたら悪しからず)

サイドメニューやドリンクはそこそこバリエーションがあるが、
ラーメンは「鶏醤油」と「魚貝合わせ醤油」の2種類のみと潔い。

まずは、基本の鶏醤油ラーメンを頼む。

ip-IMG_1911.jpg 
粘度がありそうだな、というスープの印象よりも、
ラーメンには珍しい筍がドーンと鎮座しているところに目が行った。

ip-IMG_1914.jpg 
スープは、鶏白湯。

コク味はしっかりしているが、くどくはない。
丁寧にとっていると思われる、雑味の無さ。

鶏白湯は、コク命しか眼中になく、ザラツキと同時に押し寄せる、
雑味の大群に辟易させられるのも少なくないから、これは好感。

ip-IMG_1915.jpg 
ただ、一方でインパクトに欠ける、という側面も併せ持つ。

ベースの鶏白湯は悪くない。
が、鶏醤油であれば、もう少し醤油が香ってもいいのではないかと思う。
醤油ダレにあと少しキリッとした存在感が欲しいのだ。

だから、ちょっとピンボケしている印象になってしまう。

ip-IMG_1913.jpg 
チャーシュー、煮玉子、そして筍。
具材の味付けは、いずれも甘め。

だからこそ、余計にスープがもう少し醤油尖ったほうがバランス良いと思うのだ。

この辺りのチューニングが改善されることを希望しつつ、
もう一方のラーメン、魚貝醤油に次回チャレンジしたい。
-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ 



関連ランキング:ラーメン | 上新庄駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9146: by ザツ on 2014/09/06 at 07:35:41

竹の子のインパクト大ですね。

今、大阪のラーメンシーンは
鶏白湯がメインなのでしょうか?
各店で個性があって面白いですね

鶏白湯の元ダレかぁ・・難しいですね。
濃すぎると白湯が潰れますし。

9150:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/09/06 at 15:07:11

>ザツさん

コメントありがとうございます。

筍の甘さもあるので、もうちょっと醤油が、
効いたほうがバランス良いな、と思いました。

鶏白湯ブームは過ぎ去ったようで、
去っていない、みたいな感じなんですかね?

▼このエントリーにコメントを残す