サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

酒の奥田 (立ち呑み:天満) 極上の「普通」

外観 
どうも、拙者です。

大安でサクッと刺身をつまんだ後、2軒目として寄ることが多いのが「酒の奥田」。増設した串カツ部門と合わせると、かなりのキャパシティで、その広い店がオープンしている間、いつもギッシリ満員。

それこそ、酒場詩人の吉田類が「タモリ倶楽部」で語っていた、”ダークダックス”を自然と要求されることも少なくありません。つまり、カウンターに対して斜めに立つということですね。

そして、立ち呑みでは珍しいであろう「完全禁煙」であることも、この店の特徴です。

つぶ貝刺身 
つぶ貝の刺身。
大安で刺身を食べてきましたが、なぜかあれば必ず頼んでしまいます。

「松寿司」の記事などで、つぶ貝を紹介する時、「爽やかな香り」「強い甘み」など色々書いていますが、歯ごたえを含めて、当然北海道産の活け物などとは別ジャンルとして捉えています。香りはないし、とくに甘みもない、歯ごたえもコリコリというわけでもありません。

でも、扇町の某人気立ち飲みで食べさせられたような「臭み」は感じませんし、値段の割りにたっぷり入っていて、「まあまあ」満足できるので、よく注文します。

手長蛸の煮物 
手長蛸の煮物。
程よい甘辛さ、しっかりした歯ごたえがあり、それでいて固くもなく、これは好きですね。

昔は煮蛸は大嫌いだったのですが、ある日突然イイダコ煮にハマって以来というもの、煮蛸が好きで、とくに立ち呑みや安居酒屋の甘辛がはっきりした味が大好きになりましたね。

水茄子漬物 
水茄子の浅漬け。
泉州特産のアクのない水茄子は大好物ですが、漬物の中でも当たり外れがかなり激しい曲者。この日食べたのは甘く、ジューシーで想像以上に良かったですね。

エリンギフライ 
エリンギのフライやったかなあ・・・。エリンギ好きなんです、拙者。

串カツ豚 
たしか、串カツ(豚)やったと思う・・・。

拙者、串カツは薄めの衣でサクッと揚げるのが好きなので、新世界に多い厚めの衣で油をたっぷり吸ったカツはかなり苦手。この店のは、薄衣と厚衣の中間といった感じで、決してサクッとはせず、衣は固めなんですが、なぜか食べてしまう・・・。

あと、どうでもいい情報ですが、拙者は串カツにソースを付けず、塩で食べます。だから、「二度漬け禁止」ルールとか一切無縁。うん、ほんとにどうでもいい情報やね・・・。

鶏ミンチボール 
鶏のミンチボール。
揚げたのを頼んだつもりが、茹でたのになっちゃった・・・。まあ、いいか。

ドテ焼き 
どて焼き。
味噌がかなり甘め。拙者はどちらかというと、もう少し甘さを抑えたのが好み。

イワシフライ 
イワシフライ。
イワシの質はとくに良くもありませんが、悪くもありません。ただ、衣がちょっとカッチカチ。

さてこのレビュー、手長蛸と水茄子以外、一切褒めていません。理解していただくのは難しいと思いますが、褒めてませんが、この店大好きなんです。

刺身、焼き物、揚げ物と「旨い!」と言うようなものにまだ出会ったことがありません。でも、「不味い」というものにも出会ったことがありません。

値段の安さもさることながら、「普通」の味が確実に提供され、いつも大繁盛で賑やかな雰囲気の中で、軽く呑んで食べる時間がたまらなく楽しいんです。天童よしみ似の女性店員をはじめ、かなりフレンドリーなスタッフとのやり取りもとても楽しい。これからもちょくちょく通い続けると思います。

なお、立ち呑みはサクッと呑んで食べて帰るのがルールの業態でしょうが、この店も21:00でサクッと閉店します。
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】2,000円弱ぐらいかなあ
■総合    ☆☆
■料理    ☆
■接客    ☆☆☆☆
■価格    ☆☆☆
(☆5つが最高、★5つが最低)
※食べログと星数が違うのは、あちらにはマイナス評価がないからです。

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル



【酒の奥田】
大阪府大阪市北区天神橋4-12-22 (地図
06-6351-9514

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す