サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

焦り丸出しで、もはや哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

まるき @その14 (居酒屋:恵美須町) 真ふぐ白子

どうも、ギリシャ七賢人の1人、タレスです。
最悪の猛獣は圧制者であり、最悪の家畜は阿諛者である。

d-IMG_4928.jpg 
なんてたって、まるきである。

行きやすい、入りやすい、値段が安い、居心地がいい、美味い。

五拍子揃っているが、最近ちょっと混んできて、入れないこともたまに。
まあ、それは店にとって、大将にとって素晴らしいことだ。

d-IMG_4930.jpg 
街場居酒屋で街場価格。
でも、刺身を盛ってもらって、これがハズレない。

タチもさることながら、塩が効いた締め鯖が美味い。
塩があるからこそ引き出される圧倒的な旨味、そして皮目の張り。

長崎の牡蠣も身が締まっており、旨味濃厚。
最近はやたらクリーミー・ミルキーが持て囃されるが、牡蠣の魅力はそれだけに非ず。

d-IMG_5293.jpg 
別の日の刺し盛り。
この日は、鰹が美味そうだったのと、帆立に惹かれた。

戻り鰹の魅力が脂であるのに大して、この時期は香りであり、爽やかな美味さ。
マグロの赤身と同様、血の香り爽やかであり、さっぱりとキレイな味。

d-IMG_5295.jpg 
養殖が圧倒的占有率を誇る帆立貝だが、これは天然物。

やはり、天然物は繊維に絡む甘味が自然なのだ。
養殖は白々しいというか、とってつけたような不自然な甘さがある。

d-IMG_4934.jpg 
焼酎を呑むもよし。

d-IMG_5296.jpg 
日本酒を呑むもよし。

大阪府の酒「さか松」は定番。
珍しい銘柄を含め、この店はたいがい関西の酒を置く。

d-IMG_4936.jpg 
ずわい蟹のクリームコロッケ。
油揚げを衣に仕立てたクリームコロッケが美味いのだ。

変わりコロッケだけでなく、普通の衣の牛すじコロッケなんかも美味い。

d-IMG_4937.jpg 
花山葵醤油漬で、油物で少し疲れた舌が蘇る。

d-IMG_4938.jpg 
天然真ふぐ白子の塩焼き。

マフグはトラフグに比べると小型。
値段は当然安く、滑らかな表面で、少し身が柔らかく、もっちりしている。

かといって、味でとんでもなく劣るというわけではない。

この白子は、これで半分。
なかなか立派なサイズ。

コク味もさることながら、味わいが深く、大満足。

d-IMG_4941.jpg 
ある日の締めは、鶏スープラーメン。

d-IMG_5301.jpg 
ある日の締めは、明太子パスタ。
大将が賄いようにと準備していたのを、ちょっぴり強引に作ってもらったw

いやあ、楽しい楽しい。

【訪問時期:2014年2月・3月】

-------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】 
その6 ・・・ 穴子白焼き
その7 ・・・ ハリイカの天ぷら
その8
その9 ・・・ 鰯香梅揚げ
その10 ・・・ 工夫
その11 ・・・ 明太子焼
その12 ・・・ プチ快気祝い
その13 ・・・ つぶ貝コロッケ



関連ランキング:居酒屋 | 恵美須町駅今宮戎駅四天王寺前夕陽ケ丘駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9105: by 明るい農村 on 2014/08/17 at 12:18:43

お刺身の良い店に外れなしが私の持論です。しかし、まるきの大将は色々な技を持ってはりますね。

9106:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/08/18 at 00:01:28

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

なかなかの引き出しの数をお持ちで、
それに新たな引き出しも作っていってはりますね。

▼このエントリーにコメントを残す