サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


管理人にメールを送る

お名前:
メールアドレス(任意):
件名:
本文:

過去記事検索フォーム

戯言

清々しいまでの、しゃくれ

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

総本家 更科 @その8 (蕎麦:新世界) 雰囲気の勝利

どうも、フランス第一帝政の皇帝ナポレオン1世ことナポレオン・ボナパルトです。
敵が間違いを犯している時は、邪魔をするな。

d-IMG_4033.jpg 
新世界の更科。

友人と呑んだ時、締めにこの店を求めることが多くなった。

d-IMG_4034.jpg 
互いに蕎麦好きであるし、何しろドッシリ落ち着いた店であるのがいい。

最近、ニューウェーブ系蕎麦に飽きたというか、疲れたというか。
そう考えると、東京が羨ましくなってくる。

d-IMG_4035.jpg 
天井がかなり高い贅沢な建物。
経年でいい色合いになっているのもたまらない。

閉店間際のガラガラな状態で、まったりと楽しむ。
これが好きなのだ。

d-IMG_4037.jpg 
板わさ。

何てことないカマボコで、よく冷やした賀茂鶴を楽しむ。

d-IMG_4038.jpg 
漬物。

糠の香りがキューッと上がってくる胡瓜、白菜も美味い。

沢庵要らないから、胡瓜増やしてほしいなあ。

d-IMG_4040.jpg 
いりとり。

簡単に言えば、親子丼のご飯抜き。
台抜き、天抜き、蕎麦屋のツマミには「抜き」が合う、なんて。

多めに振られた山椒がかなり効いている。
つゆもかなり濃い目の味付け。

丼だったら、ちょい濃すぎるが、酒肴ならOK。

いいなあ、こういうの。
蕎麦前で、ばくらいとか食べるの、やっぱり違うかな、と思うようになってきた。

d-IMG_4042.jpg 
さあ、締めましょうか。

青ネギより白ネギであるべきだが、
ここではもうどうでもよい、とさえ思うこのごろ。

d-IMG_4043.jpg 
な~んも考えずに、大盛りの更科蕎麦をズズーッと。

d-IMG_4036.jpg 
雰囲気の勝利だ。

---------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 

【過去記事】 
その1 ・・・ 気分は「鬼平犯科帳」の世界 
その2 ・・・ いざ蕎麦航路へ! 
その3 ・・・ 年越しそば 
その4 ・・・ 空間の価値
その5 ・・・ 鴨なんば
その6 ・・・ ダイスキ
その7



関連ランキング:そば(蕎麦) | 恵美須町駅今宮戎駅南霞町駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9008:蕎麦湯 by walkman on 2014/07/16 at 16:09:18

いつも美味しく拝見しています。
蕎麦湯はつかないんですか?

9009:Re: 蕎麦湯 by ま~くん on 2014/07/16 at 17:52:33

>walkmanさん

コメントありがとうございます。

たまに忘れて、言わないといけない時もありますが、
基本的には持ってきはります。

9010: by すくわか on 2014/07/16 at 20:42:28

「いりとり」と「なたね」に違いは重要な伝聞です
100円違いで玉子だけになるのですね。
 尼崎の竹生では「なたね」がこちらの「いりとり」として扱われています。
このへんは大阪~その周辺地域でかなりごちゃごちゃになってしまってるトコやと思います。

9011:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/07/17 at 07:23:54

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

なたねは見た目から炒り玉子。
いりどりは、江戸でも「親子煮」で鶏が入る。

パッと検索すると、そんな感じみたいですね。

「なたね」って名づけた人のセンス、凄いです。

9014: by ザツ on 2014/07/19 at 07:10:35

板ワサ、冷や酒、更科・・・
焼き海苔でも来た日にゃぁ
お江戸ですね。

蕎麦前には蕎麦の味が分かるくらいの
アテがイイですよね。

9019:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/07/19 at 13:16:04

>ザツさん

コメントありがとうございます。

二本差しを椅子に置いて、
気分は長谷川平蔵宣依です。

といいながら、ナマグサアテも好きな不粋者ですw

▼このエントリーにコメントを残す