サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

焦り丸出しで、もはや哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

おひと @その12 (焼き鳥:北新地) ソリレス再び

どうも、音楽プロデューサー・つんぽこと、鬼兵隊の河上万斉です。
あの男らしい死に方でござろう。裏切者は裏切りによって消える。

d-IMG_4063.jpg 
とあるBarで呑んでいて、おひとを覗いたら珍しく空いていた。
これはチャンスと身体が本能的に判断し、扉を開けた。

d-IMG_4064.jpg 
それなりに食べて呑んだ後だから、今日は軽めで。

焼き鳥屋の使い方として、別に特別でも、おかしくもないが、
な~んかちょっと贅沢な気分で気持ちいい。

d-IMG_4066.jpg 
サクッと使いでも、先陣はやっぱりみさき。

雌のテールだが、雄のぼんじりより、身に締りがあり、脂に切れがある。
匠の串打ちと焼きで、いつもの如く、キューっと引き抜く快感と口福を堪能。

d-IMG_4067.jpg 
つくね。

この店は全体的に小ぶり串を完璧に焼き切り、キレイな味に仕立て上げる。
が、このつくねは、あえて少し荒々しく、肉肉しい串に仕立ててある。

つくねは「ふわっと」を志向する店もある中で、はっきりとした弾力。
これがまた美味い。

d-IMG_4068.jpg 
砂肝。
サックリザックリの食感がご馳走。

そして、クセがないのが見逃せないところ。
ハツやレバーほど目立たないが、クセのある串が意外と多い砂肝だから。

d-IMG_4069.jpg 
これは何だっけ・・・。

外側は脂の柔らかさあり、中にしっかりした弾力あり。
美味かった記憶はあるが、写真だけでは部位が分からぬ・・・。

d-IMG_4070.jpg 
銀杏。

d-IMG_4071.jpg 
さえずり(食道)だったかな。
気管ともいう。

d-IMG_4072.jpg 
豚バラ生姜巻。

丁度良い加減に焼かれた豚バラ。
脂を蓄えた肉だが、そこを生姜の軽い甘みと酸味が添加される。

ボリューム感あり、脂のこってり感もあるが、生姜効果で食後感はさっぱり。
美味い。

d-IMG_4073.jpg 
ソリレス。

鶏の腰骨近くの窪みにある肉で、1羽から2個しか取れない希少部位。
うっかりしていると、見逃して捨ててしまう部位であることから、
ソリレスとはフランス語で「愚か者はそれを残す」という意味らしい。

弾力あり、柔らかさありで不思議な食感だが、
単純なレア焼きで供されると、ガッカリ感がかなり強い部位でもある。

外側をパリッと焼き上げ、中はしっとりジューシー。
きめ細やかな肉質だからこその魅力を余すことなく味わえるのは、さすが!

d-IMG_4075.jpg 
スープも外れた日がない安定感。

旨味が蓄積された味わいだが、クセを微塵も感じさせないのが技。
これほど濃厚な旨味を出そうとすると、雑味も出やすいだろうが、ピシャッと抑えている。

やはり、ここは美味い。

---------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 

【過去記事】 
その5 ・・・ おたふく 
その6 ・・・ 匠 
その7 ・・・ ソリレス 
その8 ・・・ おたふく 
その9 ・・・ 飽きない
その10 ・・・ 龍原砲
その11 ・・・ レバーパテとつくね
 



関連ランキング:焼き鳥 | 北新地駅大江橋駅西梅田駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8914: by 明るい農村 on 2014/06/16 at 17:27:38

相変わらず質の高い焼き鳥ですね。この記事を読んだので今宵は焼き鳥にしようと思います。

8915:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/06/16 at 17:36:40

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

今晩は焼き鳥ですか~。
ええですね~、急激に羨ましくなってきました。

▼このエントリーにコメントを残す