サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

天国のレストラン ~湯布院での昼食にて

どうも、カール・グスタフ・ユングです。
意義のあるささいなことは、意義のない偉大なことよりも、人生にとってずっと大切だ。

職場の旅行で別府へ。
2日目の昼食は湯布院で、というコースだった。

そこで出会った天国のレストラン。

無名店のためポリシーに反するから・・・
教えたくない素晴らしい店なので、あえて店名は隠しておく。
どうせ来年には潰れているだろうから・・・

d-IMG_5172.jpg 
Theおおいた豊後牛や豊後赤鶏の絶品炭火焼が食べられる天国のレストラン。

もう入口からして、巷間に溢れる二流店とはオーラが違う。

営業中と大書してあるが、入口はロープで封鎖していたからね。
大手旅行代理店通しだから、だいぶ前から予約していただろうけどね。

d-IMG_5174.jpg 
一期一会。
我ら一行を歓迎する気持ちに満ち溢れた門構え。

倒産した店にしか見えない・・・
我々の貸切、他客を寄せ付けないという気配りに満ち満ちている。

ロープや「定休日」という立札が見えるが、おそらく幻だろう。

d-IMG_5178.jpg 
階段を上がり、手入れをした形跡がまったくない庭を抜け店内へ。

田舎の家に帰って来たみたいだ~。
なんて感傷に浸ることはない。

ただただ、雑然として、それでいて掃除がされていない空間。
納屋・物置に詰め込まれたのと同じ。

d-IMG_5182.jpg 
床、テーブルは当然のごとく油等でベタベタ。

掘り炬燵のようになっているが、下のカーペットの変色なんて当たり前。
足の裏に様々な異物の感触がある、なんてファンタジー。
そういえば、海老が落ちてた、なんて騒いでいたテーブルもあったなあ・・・。

この店の辞書に掃除、という文字はない。

d-IMG_5179.jpg 
炭がセットされているのに、食材がまったく用意されてなかったのはご愛嬌。

店主不在で、臨時アルバイトみたいなオッサンの対応だったらしいが、
彼の辞書に「いらっしゃいませ」などの接客用語は一切載っていない。

もはや、どうでもよくなってきたが、コンロにも頑固な灰が蓄積されてますなあ。

d-IMG_5180.jpg 
何にも用意されてないと思ったら、突き出しだけ用意されていた。

これまで、食欲をそそらない、適当な突き出しに遭遇した経験はあるが、
箸を付けると危ないのではないか、と身の危険を感じた突き出しは初めてだ。

d-IMG_5183.jpg 
この海老なんて、どうやったら、こういうことになるのだろう。

他を含めて、もちろん完全スルー。

d-IMG_5181.jpg 
取皿、小皿の類が色々置かれているのに、箸置きはない。

その中で、箸をおしぼりの上に置いておくセンスに脱帽。
私はたとえ泥酔していても、こんなことできないわ。

グラスなんて不粋なものはないから、乾杯は透明プラスチックカップ。

それも使い捨てでは決してない、という環境配慮が素晴らしい。
だって、透明なはずなのに洗った形跡があり、白く濁ってたからね~。

d-IMG_5189.jpg 
さて、豪華炭火焼。

安物のアルミ皿。
ユネスコ無形文化遺産「和食」の技を活かした、美しい盛り付け。

d-IMG_5190.jpg 
A4かA5とかアピールしていた、Theおおいた豊後牛とやら。

もう病的なまでに脂ばっかり。
焼いて、牛肉の旨味なんて、欠片も感じることはできなかった。

品のない脂にまみれた、ふにゃふにゃの牛肉に似た食感の物体。
冷静に評価して、ちっとも美味くない。

d-IMG_5188.jpg 
豊後赤鶏は皮に弾力があり、地鶏らしさを味わえるかと思ったら、
驚くまでに身はブヨブヨ。

皮・身とも旨味は極限までに乏しい。
スーパーでごく普通のブロイラー買って焼いたほうが美味いと思う。

そして、スプリンクラーが起動しそうなぐらい煙っていても、
換気扇を回さないオッサン店員。

何回か催促すると、ようやく巨大換気扇を動かした。
すると、風向きが変わって煙は私の方向へ集中。

あやうく、私が燻製になることだ・・・。
周りで「目が痛い」という叫び声も聞こえる・・・。
 
d-IMG_5191.jpg 
野菜や魚介類に手をつける気がなぜか微塵も起こらない。
それどころか、肉や鶏ももう要らない、と身体が訴える。

撮っていないが、ご飯の出来栄えも感動ものだった。
惜しいことにほんの一口で箸を置いてしまった。

固い、柔らかいが混在した妙な食感。
そして、過去に経験したことのない臭さ。
米って、こんなに臭くなるのね、と良い勉強になった。

ユネスコの人間をこの店に入れたら、無形文化遺産登録は抹消確実。

d-IMG_5192.jpg 
たぶん、誰も食べていなかったはずの牡蠣。

そりゃね、「殺傷能力高いですよ」と見た目から訴えているもの。
あまりにも怖くて、臭いをかぐ気にもなれなかった。

こんな牡蠣喰ったら、確実に胃腸が破壊されてるわ・・・。

d-IMG_5194.jpg 
天国のレストランは、最後の椀物にも抜かりがない。

豆腐の見た目とか具材がどうとか、もうどうでもいい。

ゴボウが「完全皮付」という大胆さ。
何事も経験、と思って少しだけ飲んでみたが、衝撃が走ったよ。

出汁は、泥。
こんなに泥風味に満ちた吸い物は飲んだことないし、これからもないだろう。

ほんとに砂入ってたしね。

奇跡の店。
21世紀の日本に、こんな店が現存しているなんて、奇跡以外に言葉が見つからない。

たしか、陸上自衛隊湯布院駐屯地が近くにあったはず。
西部方面特科隊の実弾演習の標的にして、跡形もなく破壊して欲しい。

ある意味、思い出にはなったけどね、この店。
クソ過ぎて、旅の一番の思い出になったけどよ。
---------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8832: by タケ on 2014/05/15 at 10:44:46

はは!
デキる代理店やねーw

8836:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/05/15 at 17:41:17

>タケさん

コメントありがとうございます。

最大手のはずやけどね~。

8837:こ これは by けんさく on 2014/05/15 at 20:01:56

酷過ぎます.....
人は五感を持ってるのに何故こんな料理でお金を払らわないといけないのか....
何か飲食業の末端を垣間見ました...
場所柄だからとか関係ないと思います.....

人柄 優しい味 雰囲気
大切です✨

8838:Re: こ これは by ま~くん on 2014/05/15 at 22:37:54

>けんさくさん

コメントありがとうございます。

商売として、あまりにも舐めてましたね、この店は。

パンチ効いてましたわ~。
メガトンパンチをカウンターで喰らわせたかったです・・・。

8839: by コジ on 2014/05/16 at 12:01:16

アルバイトと思わしきオッさんって、実は店主やったりしてwって思います。社長が1人しかいない株式会社みたいに、社員が居ると見せかけて、社長自身へのクレームを緩和するクッション効果を再現しているかも。だって、流行っていない店で人を雇うのは出来ませんよね。

8840: by カピパラ太郎 on 2014/05/16 at 14:36:29

すごいですね、、、、。

なんだか笑ってしまいました。
なぜ食中毒とかが起きていないんでしょうね。

8841:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/05/16 at 15:05:10

>コジさん

コメントありがとうございます。

店主が別におった、というのは事実らしいです。
旅行代理店が客の流し込みでもして、もっていたのか、どうなのか・・・。

8842:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/05/16 at 15:06:03

>カピパラ太郎さん

コメントありがとうございます。

最初から最後まで完璧でしたw

とりあえず焼くから、ですかねw

8846: by ザツ on 2014/05/17 at 07:28:31

行かれたま~くん様には
申し訳ないのですが
のっけから笑うしかなかったです。

しかし凄いお店だぁ。

8850:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/05/17 at 12:36:29

>ザツさん

コメントありがとうございます。

大丈夫ですよ。
私も途中から笑ってましたから。

ネタになるなあ、って。

▼このエントリーにコメントを残す