サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

BAR WHISKEY (Bar:難波) 昭和の光景

知識も無ければ、経験も乏しい。

私がBarを色々語る資格を保有していないのは理解しているつもりだが、
この店は何だかとても面白く、拙い私見を披露したくなったのだ。

d-IMG_2993.jpg 
BAR WHISKEY。

知ってはいたが、その扉を開ける勇気は持っておらず、未訪のまま。
この店を愛する人に案内いただき、ようやく訪問することができた。

入ってすぐ、ジロリと異邦人を一瞥する人物が視界に入る。
この人がシニアマスターだろう。

なるほど、このシニアマスターと弾むような会話を楽しむには、
相当通わないと行けないだろう、そう思わせる迫力がある。

d-IMG_2995.jpg 
シニアマスターの前は埋まっていたため、
我々は髭の若マスターの前へ。

雰囲気が似ているから親子だと勝手に思っていたが、
どうやら違うらしい。

バックバーを眺めても、たしかに正統なBar。
しかし、「オーセンティック」という言葉で想像するBarとは少し違う。

d-IMG_2996.jpg 
店内のBGMは、これはAMラジオか?

ポアラーの付いたボトル。
手が空けば、新聞に手が伸びるシニアマスター。

なんだろう、『昭和感』が半端ではない。

d-IMG_2997.jpg 
バーテンダーの流儀など、私が知るはずもない。
だけど、独特だなあ、と直感的に思った。

シニアマスターは、一旦カウンターにボトルもグラスも「ドン」と音を立てて置く。
そこから作り始める。

これはリズムのために必要なのかもしれない。
ただ、無骨というか、何というか、勝手に想像するスマートな所作と少し違う。

それが悪いと言っているわけではない。
ここにも『昭和感』を感じるというか、面白いと思ってしまったのだ。

d-IMG_2994.jpg 
古き良き昭和の昔。

親父が二十歳になった息子を初めて連れてくる。
そんな光景が脳裏に浮かんだ。

なんか、面白い店だ。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  



関連ランキング:バー | 大阪難波駅なんば駅(大阪市営)JR難波駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8654: by アルティマ on 2014/03/01 at 07:47:36

特捜最前線に出てきそうっす
2階のバーは裕次郎の日活映画っぽいですよ

8658:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/03/01 at 13:33:09

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

たしかに、特捜最前線が似合いますね。

日活と聞けば、ロマンポルノしか浮かばないですw

8662: by すくわか on 2014/03/02 at 03:44:26

>シニアマスターは、一旦カウンターにボトルもグラスも「ドン」と音を立てて置く。
そこから作り始める。

おーw。そうだ、知ってるのに気づかなかったです。一種の礼儀、形式美みたいなもんですね。
あのマスター、ご自身は日本酒ばかりだそうでw。

8663:Re: タイトルなし by ま~くん on 2014/03/02 at 06:58:40

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

な~んか、あの所作にフォーカスしてしまいました。
独特のリズムというか、自然と惹かれたというか。

▼このエントリーにコメントを残す