FC2ブログ

こいき @その21 (寿司:四天王寺) ヒウチダイ

四天王寺のこいき。

もはや、旬とかけ離れすぎて、ある意味面白くなってきた。
まあ、もうすぐその辺りも落ち着いてくるさ・・・。

d-IMG_2293.jpg 
突き出しは煮蛸。
これもまた、藻塩のアクセントがタネ質以上に美味くする。

d-IMG_2294.jpg 
黒鮑の蒸し鮑。

型はさほど大きくないが、貝殻ごと丸ごと、は気持ちが少し高ぶってくる。

d-IMG_2296.jpg 
もっちりした身は香り良く、旨味もしっかりしている。

d-IMG_2297.jpg 
アオヤギの炙り。

軽く炙ると甘さが少し上品になり、藻塩との相性が格段に良くなる。

d-IMG_2298.jpg 
平目昆布締め。

d-IMG_2299.jpg 
アマテガレイ昆布締め。

どちらも、かなりしっかり締めてある。
かといって、締まりすぎてジュースを完全に喪失したスカスカでもない。

もう少しフレッシュさが欲しいところだが、これはこれでツマミとして美味い。

d-IMG_2300.jpg 
ヒウチダイ。

身にはほんのりとした甘味があり、噛み締めるとにじみ出てくる脂。
真鯛や平目のような上品な白身とはタイプが違うが、これもだいぶ美味い。

d-IMG_2303.jpg 
生鳥貝。

d-IMG_2304.jpg 
生鳥貝を軽く炙ったもの。

昨年は、鳥貝がイマイチだった印象がとにかくある。

d-IMG_2305.jpg 
仙鳳趾牡蠣。

大ぶりの牡蠣に少し飽きてきたきもしないでもないが、
それでも美味いことは美味い。

d-IMG_2307.jpg 
毛蟹。

d-IMG_2309.jpg 
ヒウチダイ兜焼き。

刺身良し、塩焼きにしても良し。

d-IMG_2310.jpg 
皮が美味いなあ。

よっぽどの上物でない限り、ひょっとしたら真鯛兜焼きより美味いかも。
そんなことを考えてしまうぐらい、この皮目が美味かった。

d-IMG_2311.jpg 
鯛の鯛、ヒウチダイバージョン。

d-IMG_2312.jpg 
ヒウチダイ。

握りでももらったが、これは美味いの~。
身が若干柔らかめなので、シャリにもよく沿う。

d-IMG_2313.jpg 
キス昆布締め。

あえて皮を引いてみた、とのことだが、皮はやっぱり欲しいかな。

d-IMG_2314.jpg 
コハダ。

d-IMG_2315.jpg 
煮蛤。

d-IMG_2316.jpg 
中トロ。

この後にコハダが欲しかったな・・・。

d-IMG_2317.jpg 
生鳥貝。

鳥貝は大きさこそが全てと、つい単純に思ってしまう。
やはり大きいと甘みが強い。

d-IMG_2318.jpg 
炙りサーモン。

回転寿司ダネだが、たまにはいい。

d-IMG_2319.jpg 
ヅケ。

d-IMG_2320.jpg 
海胆。

d-IMG_2321.jpg 
穴子。

d-IMG_2322.jpg 
シラサ海老。

d-IMG_2323.jpg 
トロ鉄火。

今日は、ヒウチダイに尽きる。

こいきは、タネ質に若干ブレがあり、頻度を下げようかなと思う時がある。
が、その次に大きく戻し、どえらい満足感でその想いを忘れさせる。

今日は少しの劣勢を一気に挽回した大勝利の回だね~。

--------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

【過去記事】
その10 ・・・ 春らしさ
その11 ・・・ 変化
その12 ・・・ マグロの香り
その13 ・・・ ハードル
その14 ・・・ 加太鯛の実力
その15 ・・・ イクラ・小柱
その16 ・・・ 鯖・ブリ・小柱
その17 ・・・ 鯛と塩昆布
その18
その19 ・・・ 貝祭り
その20 ・・・ 煮鰻



関連ランキング:寿司 | 四天王寺前夕陽ケ丘駅恵美須町駅

スポンサーサイト