サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


管理人にメールを送る

お名前:
メールアドレス(任意):
件名:
本文:

過去記事検索フォーム

戯言

清々しいまでの、しゃくれ

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

煮干らーめん 三代目 玉五郎 @その3 (ラーメン:大阪駅前ビル) 安心

どうも、ウィリアム・シェイクスピアです。
罪に毒された人の心は、聞く耳のない枕に向かって、己が秘密を漏らすという。

d-IMG_2081.jpg 
大阪駅前第3ビル地下の玉五郎。

北新地で呑んで電車で帰る。
その途中にあるから、気づくと吸い込まれている。

そんな場面がよくある。

d-IMG_2084.jpg 
特製煮干らーめん。

ルックスからして、よく出来ているなあ、と見るたびに思う。

具材が溢れんばかり。
偶然か、考え抜かれたものか知らないが、食欲を刺激してくる配置だ。

d-IMG_2089.jpg 
煮干が効いたスープ。
それでいて辟易するような臭さ、苦味、酸味は伴わせない。

タレ味もしっかりしてピンボケはしていないが、尖ってはいない。
油で全体をまとめあげているが、くどくはない。

チェーン化が進むにつれ、チェーン店として洗練された味わいに成長したと感じる。

d-IMG_2088.jpg 
太すぎるのではないか、と一瞬は思う麺。

チュルッチュルだから啜ることもできるし、その舌触り、歯触りが心地よい。
最初は合わないと思ったが、合っているんだなあ、これが。

d-IMG_2086.jpg 
厚みがあり、食べ応えがあるチャーシュー。

昨今流行りのレアに走らず、かつての脂トロトロにも傾かず。
噛み応え、肉々らしさを残しつつ、ホロッと崩れていく。

上手いよなあ。

d-IMG_2085.jpg 
半熟の煮玉子はスープに混ざる可能性もあり、味としては邪魔だと思う。

が、ルックスとしては効果的だろう。
何ともいえない艶かしさ。

そう、エロさによる刺激、このために存在しているはずだのだ。

様々なポイントをギリギリを見切って寸止めしてある、安心できる一杯。

d-IMG_2087.jpg 
そういえば、玉五郎はこのビル内で、別ブランドを立ち上げている。

すでに訪問したが、そちらは「魚」をさらに訴求する一杯がコンセプトと見受けられる。
そうなると、バランスが途端に崩れるのよね・・・。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 

【過去記事】
その1 ・・・ 戸締り用心、火の用心
その2 ・・・ 冷やし



関連ランキング:つけ麺 | 東梅田駅北新地駅西梅田駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8426: by ぎっちょ on 2013/12/14 at 00:30:59

玉五郎優秀ですよね。

酢をたっぷり入れると尚、美味しくなりますw

でも玉五郎価格なんですよね…

8427:Re: タイトルなし by ま~くん on 2013/12/14 at 10:09:28

>ぎっちょさん

コメントありがとうございます。

そう、ちょっとお高めですよね。

酢を入れてみようと思って、ついつい忘れています・・・。

8429: by ザツ on 2013/12/15 at 07:12:17

チェーン店としての洗練された味わい。

玉五郎さんは最近全く食べてないのですが
これからこういう価値観を
私も持っていかないと。

大事な事ですね。

8434:Re: タイトルなし by ま~くん on 2013/12/16 at 10:06:09

>ザツさん

コメントありがとうございます。

違った意味で「なんちゃない系の良さ」というか。
安心できますね~。

▼このエントリーにコメントを残す