サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

焦り丸出しで、もはや哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

総本家 更科 @その6 (そば:新世界) ダイスキ

d-IMG_1965.jpg
どうも、フランス第一帝政皇帝のナポレオン・ボナパルトです。
下層の民衆運動を叩くのには理屈では駄目で、砲兵を用いて潰すに限る。

d-IMG_1964.jpg 
締めを求めて新世界へ足を向ける。

決まってないようで決まっている。
こういう気分の時は、更科でそばだ。

d-IMG_1966.jpg 
ここでは、四の五の考えずに、純粋に楽しむに尽きる。
この境地に至った。

伊達政宗ではないが、楽しまずんば、是いかん。

d-IMG_1967.jpg 
蕎麦前はたしかに存在している。

でも、ニューウェーブ系高額店とは全然違うメニュー構成。
これもまた楽しむべし。

d-IMG_1970.jpg 
とくに、突出したこだわりを感じるわけではない、板わさ。

d-IMG_1971.jpg  
ここに、よく冷やした賀茂鶴を合わせる。

は~、最高。

d-IMG_1966.jpg 
大阪でそう多くはない、正統イニシエ系のそば屋だと思う。

この空間で、酒を飲っているのがたまらない。

d-IMG_1973.jpg 
ジュワジュワ出汁が溢れた、出汁巻。

これが出汁巻として正しいかどうかは別にして、
たまらない時間。

d-IMG_1975.jpg 
酒の肴が漬物というのも、これまたいい。

胡瓜だけでいいんだけど、沢庵はいらないんだけど、
それを含めてもまったりした時間が楽しい。

d-IMG_1978.jpg 
締めの締めは、白い更科そば。

何度か通うと、水っぽいとか、香りが弱いとか、どうでも良くなってきた。

雰囲気を楽しむ。
ある意味、こういうイニシエそば屋だからこそ成立するのかもしれない。

d-IMG_1977.jpg 
紆余曲折あったが、大好きなそば屋。

そういうことになるのかなあ。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 

【過去記事】
その1 ・・・ 気分は「鬼平犯科帳」の世界
その2 ・・・ いざ蕎麦航路へ!
その3 ・・・ 年越しそば
その4 ・・・ 空間の価値
その5 ・・・ 鴨なんば



関連ランキング:そば(蕎麦) | 恵美須町駅今宮戎駅南霞町駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8351: by アルティマ on 2013/11/21 at 17:53:58

ニューウェーブ系そばのナマグサ系のアテより
こっちが断然好みっす

8353:Re: タイトルなし by ま~くん on 2013/11/21 at 18:40:17

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

理由はとくにないんですが、最近そっち系にすっかり行かなくなり、
新世界更科ばかりになってきました。

雰囲気も好きなので、かなりいい心地です。

▼このエントリーにコメントを残す