サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

沖縄物産・沖縄家庭料理 いちゃりば @その4 (沖縄料理:大正)

どうも、ヴェネツィアの元首、アンドレア・グリッティです。
喝采されて登場するより、退場の後に惜しまれる君主でありたい。

d-IMG_1945.jpg 
大正のいちゃりばへ。

先に入ろうとしている男性、短パンですね。
だ~いぶ前の話ですね~。

d-IMG_1946.jpg 
オリオンビールの軽くてグビグビ行けちゃう感じ、結構気に入っている。
青島ビールも同じ印象かなあ。

d-IMG_1947.jpg 
まずは、海ぶどう。

爽やかな緑色。
プチッと弾ける爽快感。
軽くサッパリとした「海」が口中で広がる幸せ。

沖縄料理のスターターとして、優れているよなあ。

d-IMG_1948.jpg 
島らっきょう。

私が覚えている西武ライオンズの黄金期。
当時、南海ホークス⇒福岡ダイエーホークスのファンだった私。

憎たらしいほど強かった西武。
1番・辻、2番・平野、3番・秋山、4番・清原、5番・デストラーデ・・・。

海ぶどうが辻で、島らっきょうは平野かなあ。
って、何の話だ・・・。

d-IMG_1949.jpg 
ソーメンチャンプルー。

具として目に付くのは、ニラとシーチキンぐらい。
とても、シンプルだが、こいつがなかなかの猛者。

コーレーグースをちょいと掛けると、とてつもなく力強い。

もうね、走・攻・守三拍子揃った秋山幸二。
バック宙してホームインしてくる勢い。

d-IMG_1951.jpg 
ラフテー。
沖縄の豚角煮。

沖縄って、やっぱり豚肉を上手く料理するなと感じさせられる。

泡盛をうま~く活用するんだろうね。

豚肉が柔らかく、それでいて弾力をある程度残すってこともさることながら、
うま~く脂を抜いて、実にあっさり仕上がる。

d-IMG_1952.jpg 
ちきあぎ。

d-IMG_1953.jpg 
沖縄のさつま揚げ。

揚げたて熱々はやっぱり美味いよね~。

もっと色々楽しみたかったが、相席で狭っ苦しかったので早めに退散。

でも、横のショップで、もずく塩を買って帰るのは忘れない。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 

【過去記事】
その1
その2 ・・・ そうめんチャンプルー
その3



関連ランキング:沖縄料理 | 大正駅ドーム前千代崎駅汐見橋駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8376: by 名無しの読者 on 2013/12/05 at 07:52:12

ソーメンチャンプルーにオリオンかぁ。
クウッッと言いたくなる組み合わせです。
(意味不明でスイマセン。)

もしかして広岡監督の頃ですか?

8388:Re: タイトルなし by ま~くん on 2013/12/05 at 11:26:21

>ザツさん

コメントありがとうございます。

このチープな感じのソーメンチャンプルーがいいんですよ。
暑い日にオリオンと合わせれば、声出るのは分かります。

この西武ナインは、森監督時代です。
憎たらしかったです、ほんと。

▼このエントリーにコメントを残す