FC2ブログ

最後の晩餐

イエス・キリストが処刑される前夜。
シモン・ペトロら十二使徒と共に摂った夕食。

これを最後の晩餐という。
なお、ギリシャ正教会では、機密制定の晩餐と呼ぶ。

グルメを気取ろうが、気取るまいが、
キリストを意識しようが、意識しまいが、
皆、一度ぐらいは「最後の晩餐に何を食べるか?」
という会話をしたことがあると思う。

あれは、風呂に入っている時だったか、トイレの時だったか。

最近、私もふと「最後の晩餐は何を食べたいかなあ」と考えた。

このブログを読んでいただいている方なら、
「どうせ寿司だろう」と思われるかもしれない。

だが、違う。

寿司は華やいだ気分で食べたい、華やぎを求めたい。
だから、華やぐはずもない最後の晩餐では食べたくないのだ。

d-r_2.jpg 
で、浮かんだのが、釜揚げしらすの丼なのだ。

ふんわり柔らかく、魚介の、磯の風味があくまで優しい。
出汁醤油などで軽く味付け、この優しさに包まれる。

死出の旅立ち、に相応しいのではないかと思う。

d-r_1.jpg 
あとちょっとだけ贅沢すれば、美味しい辛子明太子との相盛りがいいかな。

釜揚げしらすと辛子明太子。
その大盛り丼をかき込んで満腹になり、そのまま寝る。

これが今のところ、希望する最後の晩餐。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 
スポンサーサイト