お食事処 清水 @その3 (食堂:難波) 癒しの飯屋酒

どうも、ジュゼッペ・プレッツオリーニです。
保守主義者は、登場するやたちまち大衆から大好評で迎えられる新人を信用しない。

d-IMG_1801.jpg 
たしか、つまらぬ者によるつまらぬことを察知した直後だった。

苛立ちを隠しきれぬ顔で、半ば強引に、友人を誘い出す。
まずは軽く、ということで飯屋酒。

d-IMG_1802.jpg 
飯屋酒ならではのショーケース。

d-IMG_1803.jpg 
いつもなら心浮き立つはずのディスプレイ。
が、いささか重い気持ちを引きずっていると、いつもと違って見える。

ガラスに映る自分の表情、軽く嫌悪感を抱いたりしつつ・・・。

d-IMG_1804.jpg 
きずし。

寿司屋とは違う、飯屋独特の鯖の締め。
塩よりも優しい酢が勝る。

その優しい味わいが、いつもに増して美味い。

d-IMG_1805.jpg 
漬物をかじる頃には、少しは心のささくれがおさまってくる。

糠漬け。
日本人で良かったとしみじみ思う。

ご飯の友としても重宝するが、酒肴としても優れている。

d-IMG_1806.jpg 
玉子焼は焼き立てが供される。

この素朴さに包まれていると、心も安らいでくる。
いや、一方的な話に付き合ってくれる友人の優しさのおかげだ。

d-IMG_1810.jpg 
ネギを入れない、最後の一切れはウスターソース。
この日でも、カクさんの流儀は忘れていなかった。

d-IMG_1807.jpg 
ポテトサラダも優しい味。

d-IMG_1808.jpg 
マグロ造り。

飯屋で食べるマグロが妙に美味く感じるのはなぜだろうか。

d-IMG_1809.jpg 
ウインナー。

それなりに大箱。
好きなものを好きなペースで食べ呑む。
放置される。

こういう時も飯屋酒はぴったりだね。

少しスッとした。

--------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 

【過去記事】
その1 ・・・ 飯屋中華そば万歳
その2 ・・・ 贅沢な休日



関連ランキング:定食・食堂 | 近鉄日本橋駅日本橋駅難波駅(南海)

スポンサーサイト

4 Comments

八ちゃん  

いつでも開いているし
ちょこっとだけ飲める
使い勝手がいいんですよね~

2013/10/30 (Wed) 16:36 | REPLY |   

ぎっちょ  

飯屋のマグロを無償に美味しく感じるとき、自分もしばしばあります。

ハズレのときはとことんハズレですが…

2013/10/30 (Wed) 17:40 | REPLY |   

ま~くん  

Re: タイトルなし

>八ちゃん

コメントありがとうございます。

いつでも開いてる、いつでも呑める。
どんな量でもご自由に。

ありがたいですよね~。

2013/10/31 (Thu) 10:58 | REPLY |   

ま~くん  

Re: タイトルなし

>ぎっちょさん

コメントありがとうございます。

ええ感じの食堂は、確率が高いですね~。

長年、ガッツリ飯から、わがまま呑み助まで対応してきた、
抜群の安定感があります。

2013/10/31 (Thu) 10:59 | REPLY |   

Post a comment