FC2ブログ

寿し おおはた @その5 (寿司:北新地) さらなる成長

どうも、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテです。
無知な正直者がしばしば最も巧妙なくわせものの手管を見抜く。

寿し おおはた。
まだ、移転前の旧店舗の話・・・。

d-IMG_1231.jpg 
酢味噌でいただく煮蛸。
この店は火入れや味付けなどで、様々なバリエーションの煮蛸を供する。

今日はしっかりと煮たトラディショナル寄り、これも美味い。

d-IMG_1234.jpg 
毛蟹の冷製茶碗蒸し。

毛蟹の繊維に絡む甘みがとても美味いが、餡も手抜き無しの絶品。
空豆を擂ったものに、蟹味噌のコク味も加わり、素晴らしい味わい。

d-IMG_1235.jpg 
今日はツマミは少しで、握りを楽しもう。

d-IMG_1236.jpg 
ヒラスズキ。

スズキのようなクセがなく、むしろ旨味が濃い。
そして、後にほんのり乗った脂の甘みが寄せてくる。

d-IMG_1237.jpg 
カンパチ。

d-IMG_1239.jpg 
白海老は海老塩で食わせる。
なるほど、ここの白海老が他より美味いと思ったのは、こういう仕事のためだ。

d-IMG_1240.jpg 
ヅケ。
香りの良いマグロは紀州勝浦産。

d-IMG_1241.jpg 
中トロ。

d-IMG_1242.jpg 
トロ。

重ねて言う。
この店はマグロを熟れされる技にとても長けている。
う~ん、と思わず唸ってしまう美味さだ。

d-IMG_1243.jpg 
ビシッと締まったコハダが美味い。
それでいて酸っぱすぎないところが大切。

シャリもさらに美味くなった。
米粒がクッキリ分かるほど固めに炊き上げ、ほぐれも良いが、固すぎない。
旨味の強いシャリで、マグロなどをしっかり真正面から受け止める。

d-IMG_1244.jpg 
スミイカ。

d-IMG_1245.jpg 
車海老。

d-IMG_1246.jpg 
キスの昆布締め。
これもいい締め具合、昆布の風味の効き方が素晴らしい。

d-IMG_1247.jpg 
小鮎。
少し大きくなり、香りが強くなり、旨味も乗ってくる。
(いつの話だよ、って5月中旬だよ・・・)

d-IMG_1249.jpg 
海胆。
淡路の赤海胆がたっぷり。人肌のシャリとひんやり海胆の相性は抜群。

d-IMG_1250.jpg 
生鳥貝。
食感、香り、甘みともハイレベル。

d-IMG_1252.jpg 
添えられたヒモも酒肴として抜群。

d-IMG_1253.jpg 
赤貝は立派なルックスに違わぬ、とても良い香りに、しっかりとした味。
歯切れもザックリと心地よく絶品。

d-IMG_1255.jpg 
煮蛤。

d-IMG_1256.jpg 
煮穴子。

d-IMG_1258.jpg 
トロ鉄火。
この店のシャリとマグロの相性はほんと良い。

d-IMG_1260.jpg 
玉子焼。

d-IMG_1263.jpg 
上下はウェルダン、真ん中はレア。
流行のカステラ玉子とは違う、しっとりした玉子がまた美味い。

訪問の度に、新たな驚き、新たな発見。
完成度が高いのに、さらに成長していく店。

で、女将のキャラが面白い。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

【過去記事】
その1 ・・・ 衝撃
その2 ・・・ 驚愕
その3
その4 ・・・ 贅沢



関連ランキング:寿司 | 北新地駅大江橋駅西梅田駅

スポンサーサイト