サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

香港 @その22 (中国料理:新世界) 唐揚げ

どうも、イングランド国王一座の座付作家のジョン・フレッチャーです。
思慮分別は最上の勇気である。

d-IMG_0139_20130718232419.jpg 
新世界の香港。

仕事の環境が変わって以前ほど通えなくはなった。
でも、たまには足を伸ばして通いたくなる店。

d-IMG_0140.jpg 
久しぶりに鶏の唐揚げ。

大きな唐揚げは衣はサクッと、中は柔らかくジューシー。
中華の唐揚げは油断すると火傷しそうなぐらいの熱々がいい。

d-IMG_0141.jpg 
ランチでは薄衣で、小ぶりの唐揚げが好き。

でも、呑むときは大ぶりジューシーが好きになる。
小ぶりだと何となく物足りない。

人間はかくも勝手な生き物だ。

d-IMG_0143.jpg 
五目炒飯。

しっとりしつつ、それでいてベタつかないのが香港の炒飯。
二代目大将の鍋振りを見ているのも楽しい。

「親父(先代)は味濃かったでしょ」と言いつつ、どうも味付けが似てきているらしい。

一子相伝。
北斗神拳のごとく、香港の炒飯は受け継がれている。

d-IMG_0144.jpg 
デフォルトの炒飯に、海老のプリッと感が加わるだけが五目炒飯。

小さいようで、無視できない違い。

d-IMG_0146.jpg 
この店も会話が楽しいのよね~。

--------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

【過去記事】
その15 ・・・ カワイイ奴ら
その16
その17 ・・・ 冷やし中華はじめました
その18 ・・・ 香港
その19
その20 ・・・ 冷やし中華はじめます
その21 ・・・ 外食する価値



関連ランキング:中華料理 | 恵美須町駅南霞町駅新今宮駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8097: by ザツ on 2013/08/25 at 07:54:07

オッ、香港さんですねぇ。

いつ見ても美味しそうですネ。

炒飯と唐揚げ食べたら
お腹一杯になりそうな感じですね。

こっちに仕事が出来れば
行くんですが・・・

8104:Re: タイトルなし by ま~くん on 2013/08/26 at 12:01:05

>ザツさん

コメントありがとうございます。

昭和の街場中華が生きています。
落ち着くんですわ。

ええ、腹はちきれそうになります・・・。

▼このエントリーにコメントを残す