FC2ブログ

ボン・ソレイユ:Bon Soleil (フレンチ:北新地) 本当に心地よい空間

d-IMG_0461.jpg 
非日常感。
そういう演出を伴う食事を求めていた。
それでいて、あまりシャチホコばってもダメで、値段もあまり暴騰しても困る。

フレンチやイタリアンは私にとって確実に非日常。
その他の条件も満たす最適の店、それがボン・ソレイユだった。

d-IMG_0464.jpg 
シャンパンで乾杯。
瓶ビールや生ビールで乾杯の日常を過ごす者にとって、ここからもう非日常。

d-IMG_0474.jpg 
まず、瀬戸内の牡蠣をもらった。

シンプルな生牡蠣だが、味付けにフレンチらしさを感じる。
知見乏しく、それが何なのか具体的に説明できないのがもどかしい。

d-IMG_0471.jpg 
ワインクダサイ。

d-IMG_0475.jpg 
Amuse5種盛り。
パッと華やかで、かつ、質実剛健さも感じる。

d-IMG_0476.jpg 
おばあちゃんのプロヴァンス風タルト。

おほほ、口当たりはさっくり軽く、それでいて牛の旨味どっしりと。
美味しいなあ。

d-IMG_0478.jpg 
自家製 鴨の生ハム 黒胡椒風味。

鴨肉が美味いのが第一だが、黒胡椒の香りが素晴らしい。
互いに引き立てあって、羨ましい関係だ。

d-IMG_0477.jpg 
自家製ハム。

最近、丁寧に作られた自家製ハムをようやく食すようになったが、
その美味さに正直感動している。

豚肉料理として素晴らしい美味さだもの。
スカスカな繊維の代物でなくて、旨味ジュースで潤った肉だもの。

d-IMG_0479.jpg 
豚バラ肉のリエット。
バゲットに乗せて食べて、ワインを流し込んで。

おほほほほ。

d-IMG_0481.jpg 
エペ・ド・サーモンのマリネ。
これも香りがとても素晴らしい。

d-IMG_0482.jpg 
サンダニエーレ産ジャンボン・クリュ(生ハム)ガーリックトースト添え。

写真のセンスが相変わらずなのが悲しい・・・。

d-IMG_0484.jpg 
ところで、驚くべきはホールスタッフの女性。

ショートカットがキュートな彼女のテーブルウォッチに抜かりは一切ない。
水、ワイン、おしぼり、客の表情、雰囲気、何一つもらさず捕捉して対応する。

それも押し付けがましさは一切なく、機械的な、画一的な対応でもなく、
あまりにも可愛い笑顔で、客それぞれに違った言葉で接する。

ケッコンシテクダサイ・・・。

d-IMG_0486.jpg 
エスカルゴ ブールギニヨン。

d-IMG_0487.jpg 
子供の頃、母親の買い物に連れて行かれ高島屋へ。
服を選んでいる時間を我慢して食料品売り場に行くと、必ずこれをねだった。

ハンバーグもカレーライスも好きではなかったが、エスカルゴは大好き。
変な子供だよ・・・。

d-IMG_0488.jpg 
カタツムリ独特の食感に、ブルゴーニュバターの風味、パセリとパン粉。

この黄金の組み合わせを久々に食したが、やっぱり大好きだ。
生きて動いているカタツムリは、見れば瞬時に背筋が凍るほど苦手だが。

d-IMG_0490.jpg 
美味しかったので、タルトをリピート。

某店のタルトもそろそろリピートしようかな・・・。
(某Barのウラジミール氏だけが分かる話)

さあ、王道の肉料理、しっかり味わってみよう。

d-IMG_0493.jpg 
牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。

d-IMG_0496.jpg 
当たり前かもしれないが、ソースにたっぷり感じる赤ワインの風味。

しっかり煮込まれた肉は口中でほろっとほどけていく。
その時に、牛の旨味とソースがグランドクロス。

はあ、美味しい・・・。

d-IMG_0494.jpg 
旨味重厚なソース、醍醐味ですね~。

d-IMG_0497.jpg 
最後は、チーズをウイスキーで楽しむ。
それで、このチーズを説明してくれた女性もキュート。

d-IMG_0499.jpg 
d-IMG_0500.jpg 
d-IMG_0501.jpg 
d-IMG_0502.jpg 
どのチーズもそれぞれ美味かった。
中でも、ウォッシュタイプのラングルがたまらなかった。

料理が美味しい。
もちろん、それは非常に大切なこと。

だけど、それだけでは素晴らしい時間を過ごせる、心地よい空間とはならない。

この店の女性スタッフの接客は、芯から心地よい空間と感じさせるに値するもの。
素晴らしい時間を過ごせました。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 



関連ランキング:フレンチ | 北新地駅大江橋駅西梅田駅

スポンサーサイト