サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

野菜物語せろり @その2 (洋食:南船場) 十六穀米

d-IMG_0446.jpg 
久しぶりに、南船場の野菜物語せろりへ。

この界隈の洋食といえば、閉店した艸場が圧倒的人気を誇っていたが、
私は迷うことのないせろり派だった。

それがなぜだったのか、その答えはこの日の食後に実は分かった。

d-IMG_0445.jpg 
野菜物語、と冠するだけあって、地場の野菜にこだわっているようだ。
そして、女性を中心に客の多くは、このデリカランチをチョイスする。

こんなの目に入りません。
3人ぐらいで行って、豚・鶏・白身魚をシェアすることしか考えない。

以前は牛も選択肢に入れていたが、値段が上がってからは、
豚・鶏・白身魚の固定っす。

d-IMG_0453.jpg 
メイン料理が出るまで少し時間がかかるが、一品とスープで少し時間を潰せる。

このニラ、結構美味かったんだが、平日ランチで食後の臭いは大丈夫だろうか・・・。
まあ、社外の人に会わない日なので、もはやどうでもいいけど。

 d-IMG_0449.jpg
何と言うことはないスープだけど、あると助かるし、無いと寂しい。

d-IMG_0456.jpg 
私のチョイスは豚ロース肉のネギポン酢。
といっても、ポン酢を使わず、塩だけで食べる。

歯ごたえ良く、クセのないキレイな味の豚なので、塩が合うのだ。

d-IMG_0457.jpg 
1人は白身魚のポン酢バター。

d-IMG_0458.jpg 
もう1人は鶏モモ肉の黒胡椒焼き。
ピリッとヒリッとする勢いで、ご飯をかき込むとたまらない。

ちなみに、これで胡椒少なめ。
調子に乗って「胡椒多め」なんて注文つけると、えらい目に遭う。

d-IMG_0454.jpg 
ご飯は、十六穀米。

d-IMG_0455.jpg 
そう、これが答えなのだ。

雑穀のプチプチ感と風味が見事なアクセントになっている、このご飯。
シンプルな味付けの豚や魚を食べ、このご飯をがっつくのがたまらなく好きなのだ。

d-IMG_0448.jpg 
この塩をちょいと掛けてね、するともう虜。

d-IMG_0455.jpg 
普段はしないお代わりをここでは、ほぼ必ず。

ここの十六穀米+塩+味噌汁だけでも食べに行きたいぐらい。

--------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 

【過去記事】
その1



関連ランキング:創作料理 | 堺筋本町駅松屋町駅長堀橋駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8134: by ザツ on 2013/09/02 at 17:59:35

我が家も十六穀米です。
これが結構クセになるんですよねぇ。

洋食との相性もいいですし。

ちなみにランチ3種をシェアされたんですか?
どれも美味しそう。

8138:Re: タイトルなし by ま~くん on 2013/09/03 at 07:37:40

>ザツさん

コメントありがとうございます。

家で十六穀米いいですね!

そうです、3人でシェアです。

▼このエントリーにコメントを残す