らーめん 弥七(ラーメン:中津) 久々に出会ったラーメン求道者

どうも、拙者です。

ずっと行きたかった「らーめん 弥七」。
でも、平日昼だけ営業で、ランチピーク時には見ただけで吐き気がするぐらいの行列が出来るこの店にはなかなか潜入することができませんでした。

外観 
が、昼飯を我慢し、仕事で京都へ外出する途上の15時過ぎに潜入を試みます。いやあ、雨だったこともあいまって、店外で待っていたのはたった1人。5分ほどで入店し、着席することができました。

この少しだけ待っている間で、大将の奥さんの気遣いを存分に感じることができました。客が雨に濡れることを気にする、並ばせていることを謝る。なかなか出来ないことです。

入店すると大将と男性スタッフ2人がキビキビと動いている光景が目に入ります。大将は「ラッシャイッ!」と大声を張り上げることはありませんが、キッチリと客を見て落ち着いた感じで挨拶します。寡黙な人柄を感じますが、どこぞの店と違って無愛想では決してありません。

醤油らーめん 
醤油らーめん(700円)。ああ、影入ってもうてる・・・。
鶏白湯系のスープをまずは一口。

いやあ、旨いねえ

牛乳や生クリームでも入ってるんやないかと思うぐらい、何ともクリーミーな味わいです。鶏の滋味に富む、と表現すればよいでしょうか。まろやかで、コクがあって、これは旨いです。

そして、賛否両論があるかもしれませんが、玉ねぎが独特の所感と自然な甘さをスープに加えます。拙者はこの玉ねぎは正解だと思いますよ。

鶏白湯スープは「ポタージュ系」と表現されることもありますが、ポタージュ系と評されるラーメンの多くが「脂ドロドロスープ」でしかありませんが、弥七のスープはそこらの店のドロドロスープとは違います。クリーミーでコクはありますが、クドい脂を感じることはありません。

昨今人気の鶏ガラ&魚介Wスープでも、パンチとコクを出そうとしたために、スープ表面に大きな玉のような油が多数浮かんで、結局しつこい食後感となりますが、弥七のスープはここまでクリーミーでありつつも、玉油(?)のクドさがなく、意外なほど食後感があっさりしているんです。ここのスープの取り方は絶妙だと思いますね。

麺アップ 
麺は結構太めのストレート麺。

コシの強さ、モチモチ加減に驚きます。自家製麺は珍しく何ともなくなりましたが、弥七の自家製麺はその中でたしかなインパクトを持った麺だといえるでしょう。ただ、このスープとの相性は若干微妙だという気がします。

へためし 
サイドメニューのへためし(350円)。

チャーシューの切れ端を入れるチャーシュー丼はよくあります。
が、注文の度に焼くこのチャーシューのへた。噛むと心地よい香ばしさとジューシーな脂を口いっぱいに感じることができ、それでいてタレがあっさりしているので、しつこくありません。添えられている青ネギと胡麻もアクセントになっていて、これは旨いです。ラーメンのご飯系サイドメニューとして最高クラスです。

最近、行列の凄さ、食べログの点数の高さ、ブロガーの激賞と三拍子揃ったラーメン店で失望させられることが少なくないですが、この弥七は噂に違わぬ旨さです。凄まじい行列になるのも納得できます。

また、大将と男性スタッフの手際もいいので、どこぞの店みたいに調理・サーブの遅さでイライラさせられることもありません。サーブ遅さがもたらす行列ではない、本当の行列ですね、この店は。

決して無愛想ではないが、黙々とラーメン作りに打ち込み、無理なのれん分けもしない。それで、この食後感の良いクリーミーな鶏白湯スープの一杯を作り上げる。久しぶりにラーメン求道者に出会った気がします。
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】1,050円
■総合    ☆☆☆☆
■料理    ☆☆☆☆
■接客    ☆☆☆
■価格    ☆☆☆
(☆5つが最高、★5つが最低)

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

2 Comments

すくわか  

この店行きたいんですよ。土日祝日が休みですからねぇ。無理です。

2010/07/10 (Sat) 08:41 | REPLY |   

ま~くん  

土日祝

天六の群青もそうですが、土日祝休みは本当に行き辛いです。

土日祝休みで人雇って全然OKの飲食店って凄いなあ、って思います。この不景気で。

2010/07/11 (Sun) 08:03 | REPLY |   

Post a comment